THE ALFEE、45周年記念日に一夜限りのコンサート「僕らの歌を見つけてくれてありがとう!」

ツイート

8月25日にデビュー45周年を迎えたTHE ALFEEが、デビュー日当日に大阪・大阪城ホールで<45周年記念セレモニー&スペシャルコンサート>と銘打った一夜限りのコンサートを開催した。

◆コンサート画像

本公演は「THE ALFEE 45th Anniversary Premium Members」のみを対象としたもので、会員8000人が集結。華道家元池坊の次期家元・池坊専好が手がけたお祝いの花がロビーに生けられ、来場者を出迎えた。

上柳昌彦が司会を担当したオープニングセレモニーでは、高見沢俊彦が「あれから5年……本日僕らはデビュー45周年を迎えることができました。この日にたどり着くことができたのも僕らの音楽を長きにわたって愛してくれたみんなのTHE ALFEEに対する情熱の賜物です。僕らの歌を見つけてくれてありがとう!」と、45周年の感謝の気持ちを表す感謝状を読み上げてファンに感謝を伝える。

全16曲のライブパートでは普段滅多に演奏されない「帰郷」「卒業」を聴かせ、40周年の際は洋楽のカバーを披露したが、今回は「自分達に影響を与えたグループをやろうと思います。3人が影響を受けたのはガロです。今夜は皆が良く知っているナンバーをやります」と、「学生街の喫茶店」のカバーを届けた。




アンコールでは会場に雅楽が流れるなか、高見沢の名前から一文字とって「俊」と名付けられた着物を高見沢が羽織って登場するという演出も。この着物は、二代目久保田一竹による「一竹辻が花染め」(※染め物の技法)で制作された大変貴重なもので、本公演がお披露目の場となった。


なおTHE ALFEEは10月3日より全国ツアー<THE ALFEE 45th Anniversary Best Hit Alfee 2019 秋の乱 Battle Starship Alfee II>をスタート。12月には<THE ALFEE 45th Anniversary Best Hit Alfee Final 2019 冬の乱 Battle Starship Alfee III>と題した公演を東京・国立代々木競技場 第一体育館、大阪・大阪城ホールにて開催する。

撮影◎上飯坂一

この記事をツイート

この記事の関連情報