テイラー・スウィフトの新作『Lover』、発売2日目で2019年最大のセールスをマーク

ツイート

テイラー・スウィフトが先週金曜日(8月23日)にリリースしたニュー・アルバム『Lover』が、全米で発売後2日足らずで50万枚近くが売れ、早くも、アメリカにおいて2019年最大のアルバム・セールスをマークしたという。

◆テイラー・スウィフト画像

それまでは、レディー・ガガとブラッドリー・クーパー主演の映画『アリー/ スター誕生』のサウンドトラックの44万4,000枚が最高だった(*『アリー/ スター誕生』は2018年10月リリースで、総計では100万を突破。44万4,000は今年に入ってからのセールス)。

『Lover』はリリース初日で、ジョナス・ブラザーズの『Happiness Begins』の35万7,000枚を破り、今年最大のウィークリー・セールスを記録していた。

テイラーの前作『Reputation』(2017年)は、初週、120万枚以上を売り上げた。『Lover』は、それ以来最大のウィークリー・セールスとなった。

今週末発表される全米チャートで、断トツで1位を獲得するのは間違いない。テイラーのスタジオ・アルバムは、1st『Taylor Swift』(2006年)の最高位は5位だったが、セカンド『Fearless』(2008年)以降5枚全てが全米1位に初登場している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報