【ライブレポート】ZIGGY 森重樹一、復帰「ロックンロール、聴きたいか!?」

ツイート

2018年末に声帯ポリープの診断を受け、その切除手術を春ツアー終了後に行なった森重樹一、ZIGGYが帰ってきた。復帰第一弾ライブとなった8月24日の東京オリンパスホール八王子公演<ZIGGY「ROCK’N’ROLL SINGER NEVER DIE」>のオフィシャルレポートをお届けしたい。

◆ZIGGY 画像

手術が無事終了した後、本人のブログでニューシングル制作に入っていたことが明らかになっていたほか、森重樹一個人としては8月14日に新横浜ニュー・サイドビーチでカバーセッションイベントに出演しているが、ZIGGYとしてファンの前に姿を現わすのは術後初。春ツアーの最終公演から数えて約3ヵ月はファンにとっては長い期間だったはずであり、まさに待望のステージとなる。

そして、この日のリハーサルで印象的なシーンがあったので記しておきたい。リハーサルでは通常、当日演奏する楽曲をプレイしつつ、バンドのサウンド的なバランスやアンサンブルなどを確認する。これに加えて同日は、森重がリハーサルの残り時間をスタッフに確認した後、「ソロのリハもやっとく?」と提案。結果、ドラムソロ〜ベースソロのリハーサルも行なわれたのだ。また、リハーサル自体には1時間以上を費やし、この日のセットリストから10曲以上をプレイ。全力でリハーサルに臨むメンバー達が、本番前にすでに汗びっしょりになっていた姿も心に残った。これらちょっとした空気感からもZIGGYが森重のソロユニットではなく、5人のバンドとしていい状態であることが感じられた。


そして迎えたライブ本番。オープニングSEの「威風堂々」に導かれてメンバーが登場。CHARGEEEEEE…(Dr)がステージ中央で「帰ってきたぜ、ZIGGY!!」と叫び、会場のテンションを一気に引き上げた。そのテンションのまま「EASTSIDE WESTSIDE」「ROCK SHOW」「ヒカリノアメ (hyper punk ver.)」といったアッパーチューンが立て続けに披露された。そのボーカルからはポリープ切除手術の影響はない。森重らしい、ややハスキーでロックな声は健在で、ステージングを含めてむしろパワフルになった印象さえ受ける。

「銀のパレット」を終えての2回目のMCでは、八王子ネタや森重の生まれ故郷である三多摩ネタを絡める。そして、「ロックンロール、聴きたいか!?」という森重の言葉に続き、「PASSION RED のおまえを抱いて」という懐かしいナンバーがプレイされた。さらに、1stアルバム『ZIGGY〜IN WITH THE TIMES』から「I WANT YOUR LOVE」など3曲を披露。1stアルバムが発表されたのは30年も前のことになるが、今のZIGGYの手にかかれば30年前の楽曲が今のタフさやトーンをともない、2019年のロックンロールとして響きわたる。

また、MCでは『ZIGGY〜IN WITH THE TIMES』のリ・レコーディング作の歌入れを明後日となる8月26日に行なうこと、そして1stアルバムが当時国立市に住んでいた森重にとって、その頃の思い出も含めて“三多摩くさいアルバム”だと語られる。そして届けられたのは「BIRDS ON STRINGS」だ。森重がアコースティックギターを手に歌い上げるバラードは、前半のハイライトシーンのひとつであった。

「Ladies & Gentlemen, Mr. CHARGEEEEEE…!」という森重のシャウトに続いて、ドラムソロへ。派手なルックスとアクションでドラムを叩きまくるCHARGEEEEEE…。そして、CHARGEEEEEE…が「相方」と称したToshi(B)をステージに呼び込み、ベースソロへ。ZIGGYではピック弾きと指弾きを交えたグルーヴィなプレイでライブを支えるToshiだが、このソロタイムではスラップやタッピングも。リズム隊でのソロ終盤でのCHARGEEEEEE…が叫んだ「これが今のZIGGYのリズム隊だぜ!」という言葉に強い自信も感じられた。


ライブ後半は、再始動後の楽曲を中心としたセットリストが組まれたこともあり、今のZIGGYをより強く印象付けることになった。ステージを左右に動き、拳を掲げ、全身で盛り上げる森重。堅実ながら個性的なプレイとコーラスで大活躍するカトウタロウ(G)。そのカトウタロウとともにフレーズと多彩な音色でZIGGYのロックンロールを彩る佐藤達哉(key)。そしてToshiとCHARGEEEEEE…によるリズム隊。バンドならではの一体感、ZIGGYならではの世界観が繰り広げられていく。

「踊らされたくないのなら」を終えてのMCでは、「ニューアルバムの曲作りを進めて、日本全国にもっともっとロックンロールを伝えていきたい」と語った森重。その決意表明に続いて、アコースティックギターを手にバラードの「君の笑顔より美しい花を知らない」へ。最後のサビのハイトーンの伸びは絶品だった。また、同曲はリリースから1年半程度だが、すでにZIGGYの代表曲と呼んでも差し支えない。ZIGGYが過去の名曲に頼ることなく、現在進行形で名曲を生み続けている証でもあった。

本編最後はアルバム『ROCK SHOW』収録の「WONDERFUL FEELING」、シングル「ヒカリノアメ」収録の「MELODY」という流れ。これは、春ツアーの最終公演となった5月24日のZepp DiverCity Tokyo公演本編ラストと同じだ。ここにも最新のZIGGYが最高であるという自負が表われているように感じられてならない。

アンコールのMCではニューシングル「I STAY FREE FORVER」に触れ、「表題曲は「ここから消え失せろ」にしたかったけど、歌詞で“f××k”を連発しているからムリということになった」と笑いを誘う。その流れでニューシングルがプレイされるのかと思いきや、演奏されたのは「君のままでいいから」。新曲は10月9日のリリース日までのお楽しみとなったが、「君のままでいいから」のカトウタロウのギターソロが素晴らしく、この夜に深く刻まれることとなった。

二度目のアンコールは、CHARGEEEEEE…のツーバスが疾走感を煽る「TEENAGE LUST」、そして代表曲「I’M GETTING’ BLUE」へ。この夜の何度目かのクライマックスを迎えた。そうなると、メンバーが去ってもアンコールの声は大きくなるばかり。すぐに5人がステージに現われた。そして、森重が次に演奏されるナンバーの背景となる当時の新宿の話を披露し、「その曲を今、八王子でやります」と語って「TOKYO CITY NIGHT」へ。続けざまに「GLORIA」をプレイして、ZIGGY復帰の第一弾ライブが幕を閉じた。

終わってみれば全29曲、3時間弱という大ヴォリューム。グリッターでハード、メロディアスなZIGGYのライブという意味では、“復帰第一弾”というスペシャル感はなかったかもしれない。それぐらいナチュラルに、上り坂にいる現在のZIGGYを見せてくれた。さてZIGGYの今後だが、10月9日にシングル「I STAY FREE FOREVER」をリリース。同作を掲げて恒例の秋冬全国ツアーが、全26公演というZIGGY再始動後、最大規模で行なわれる予定だ。

■<ZIGGY「ROCK’N’ROLL SINGER NEVER DIE」>2019年8月24日@東京オリンパスホール八王子SETLIST

01. EASTSIDE WESTSIDE
02. ROCK SHOW
03. ヒカリノアメ(hyper punk ver.)
MC
04. この夜の向こうへ
05. その引き金を引け
06. 銀のパレット
MC
07. PASSION RED のおまえを抱いて
08. I WANT YOUR LOVE
09. LAZY BEAT
10. 上海GIRL
MC
11. BIRDS ON STRINGS
12. 虹を見た
ドラムソロ〜ベースソロ〜リズム隊ソロ
13. CELEBRATION DAY
14. 逃避行
15. LET ME GO ROCK’N’ROLL
16. I CANNOT GET ENOUGH
17. まだ見ぬ景色が見たくて
18. 踊らされたくないのなら
MC
19. 君の笑顔より美しい花を知らない
20. STAY GOLD
21. ONE NIGHT STAND
22. DON’T STOP BELIEVING
23. WONDERFUL FEELING
24. MELODY
encore
en1. 君のままでいいから
encore2
en2. TEENAGE LUST
en3. I’M GETTIN’ BLUE
encore3
en4. TOKYO CITY NIGHT
en5. GLORIA



■シングル「I STAY FREE FOREVER」

2019年10月09日(水)発売
PECF-3241 ¥1,500+税
1. ここから消え失せろ
2. PRIMAL SCREAM
3. NEGATIVE SPIRAL
4. I STAY FREE FOREVER

■秋冬ツアー<ZIGGY TOUR 2019>」

10月11日(金) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
open18:30 / start19:00
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888
10月14日(月・祝) 東京 Zepp DiverCity Tokyo
open16:00 / start17:00
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888
10月18日(金) 大阪BIG CAT
open18:00 / start19:00
(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888
10月20日(日) 名古屋SPADE BOX
open16:30 / start17:00
(問)クロスロードミュージック 052-732-1822
10月26日(土) 徳島club GRINDHOUSE
open16:30 / start17:00
(問)DUKE 高松 087-822-2520
10月27日(日) 松山サロンキティ
open16:30 / start17:00
(問)DUKE 松山 089-947-3535
11月01日(金) 札幌PENNY LANE24
open18:30 / start19:00
(問)WESS 011-614-9999
11月03(日) 帯広MEGA STONE
open16:30 / start17:00
(問)WESS 011-614-9999
11月05(火) 釧路NAVANA STUDIO
open18:30 / start19:00
(問)WESS 011-614-9999
11月07日(木) 秋田LIVESPOT2000
open18:30 / start19:00
(問)GIP 022-222-9999
11月09日(土) 仙台CLUB JUNK BOX
open17:30 / start18:00
(問)GIP 022-222-9999
11月10日(日) 郡山CLUB#9
open16:30 / start17:00
(問)GIP 022-222-9999
11月16日(土) 宮崎SR BOX
open17:30 / start18:00
(問)BEA 092-712-4221
11月17日(日) 鹿児島SR HALL
open16:30 / start17:00
(問)BEA 092-712-4221
11月21日(木) 神戸VARIT.
open18:30 / start19:00
(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888
11月23日(土) 岡崎CAM HALL
open17:30 / start18:00
(問)クロスロードミュージック 052-732-1822
11月24日(日) 岐阜CLUB ROOTS
open16:30 / start17:00
(問)クロスロードミュージック 052-732-1822
11月28日(木) 金沢GOLD CREEK
open18:30 / start19:00
(問)サウンドソニック 076-291-7800
11月30日(土) 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
open17:30 / start18:00
(問)サウンドソニック 076-291-7800
12月01日(日) 長野CLUB JUNK BOX
open16:30 / start17:00
(問)サウンドソニック 076-291-7800
12月06日(金) 広島セカンド・クラッチ
open18:30 / start19:00
(問)キャンディープロモーション広島 082-249-8334
12月08日(日) 米子AZTiC laughs
open16:30 / start17:00
(問)キャンディープロモーション岡山 086-221-8185
12月13日(金) 名古屋ボトムライン
open18:00 / start19:00
(問)クロスロードミュージック 052-732-1822
12月15日(日) 博多DRUM Be-1
open16:30 / start17:00
(問)BEA 092-712-4221
12月26日(木) 東京 中野サンプラザホール
open17:30 / start18:30
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888
12月27日(金) なんばHatch
開場 17:30 / start18:30
(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888
▼チケット
一般:6,000円 (税込)
※会場により入場時別途ドリンク代必要
※全席指定公演以外は未就学児入場不可
一般発売日:8/10(土)10:00〜

この記事をツイート

この記事の関連情報