【インタビュー】Nakanoまる、一度触れたら病みつきになるような中毒性を持ったミニアルバム『WOW』

ツイート

シンガーソングライターとしての活動を軸に、女優として映画や舞台でも活躍しているNakanoまる。まだまだ”知る人ぞ知る”存在なのかもしれないが、一度触れたら病みつきになるような中毒性を持った興味深い表現者だ。そんな彼女が、ミニアルバム『WOW』をリリース。自身が音楽と主演を務め、MOOSIC LAB 2018の短編部門でグランプリを獲得した映画「ドキ死」の主題歌を含む本作について、また自分自身の変化について、確固たる意志を湛えた美しい瞳を輝かせながら語ってくれた。

■このミニアルバムを聴いてほしいと心から思っているんです
■あの時の私みたいな子に届けたいなと思っています


――“Nakanoまる”と書いて“なかのーまる”。インパクトあるお名前ですね。

Nakanoまる:英語とひらがなのミックスが面白いと思ってつけたんですが、なかなか伸ばして読んでもらえなくて。キャッチコピーじゃないけど“アブノーマルになれない、なかのーまる”みたいな感じで言えば覚えてもらえるかなと(笑)。普通の女の子、みたいな感じです。

――普通といっても解釈はそれぞれだと思うので、つまりこれがNakanoまるさんが思っている普通ってことですよね。

Nakanoまる:そうです。“普通じゃない”ってたまに言われることがあったんですが“いや、普通だしな”と思っていて。自分は自分だってことをバン!って表現したい、これが私の普通だって言いたいなと思って、この名前にしたんです。

――名乗って何年ですか?

Nakanoまる:福岡から上京した時なので、もう7年ぐらいだと思います。音楽で食べていきたいと思って姉のいる東京に来たんですが、ライブをやるためにオリジナル曲を5曲作って、半年後に下北沢ロフトでのライブが決まった時に付けました。

――じゃあ音楽活動を始めたのは東京に来てからなんですか。

Nakanoまる:はい。東京にはずっと行きたいと思っていたから、東京の大学に進もう思っていたんですが、いざ受験という時に自分が大学に行く意味を考えたら何もなくて。勉強は普通に好きでずっと物理をやっていたけど、すでに姉が理工学部でガンガンやっていたから私は勝てないなと(笑)。じゃあ何がしたいかな?と考えた時に、音楽だなって思ったんです。それまで部活でボーカルやギターはやっていたけどカバーばかりだったんですね。リハーサルスタジオで大人に“オリジナルとか作らないの?”って言われて、その時はよくわからなかったんですが、卒業と上京を区切りにしてオリジナル曲を作り始めました。

――リスナーとしては、どんな音楽を聴いていたんですか?

Nakanoまる:最初は姉の影響で、JUDY AND MARYや椎名林檎さん、GOING STEADT、SHAKALABBITSなんかを聴いていました。初めて自分で買ったCDは、BUMP OF CHICKENの「present from you」。ドラマの主題歌だった「天体観測」がずっと耳に残っていて、親友が教えてくれたのをきっかけにBUMP OF CHICKENを聴き始めたんですが、そこからグッと自分の好きな音楽を突き詰めていくようになりましたね。その頃中学2年生で、学校に行きたくないとか、夜も眠れないとか、ちょっとそういう時期でもあったんですが、RADWIMPSの「閉じた光」という曲を何度も何度もリピートして、“よし!”って気持ちを立て直したりもしていました。あとは、深夜にやっていた「吉本新喜劇」(笑)。音楽やお笑いに救われていたっていうか、“明日も無理ない程度に生きよう”って思えるようになったんです。


――そうだったんですね。

Nakanoまる:だけど今回ミニアルバム『WOW』を作って思ったんですが、あそこまで売れなきゃ、あの時の私みたいな子には届かないんですよね。音楽が。だから今、本当にこのミニアルバムを売りたいと思っているし聴いてほしいと心から思っているんです。厳選6曲。あの時の私、そしてあの時の私みたいな子にも届けたいなと思っています。

――上京してからの音楽活動は、弾き語りから始めたんですか?

Nakanoまる:はい。まず、自分の曲でやりたかったから。最初はドラムをやっていた姉や友達とスタジオでカバーをやってみたんですが、何か違うなと思ったんです。私は別にカバーをやりたいわけじゃない。だったらまずは1人で活動して、自分で納得できる曲を作ってからバンドをやろうと。

――なるほど。

Nakanoまる:で、2017年に『MOM』という1stフルアルバムを作った時に“これはバンドでライブをやりたい”と思って、そこからアレンジャーのタカユキカトーさんをはじめ、サポートのバンドメンバーと一緒にやるようになったんです。最初1年くらいはまだ“弾き語りのほうがいい”なんてまわりの声もあったし、自分も、バンドで演奏している時は自分を上手く表現出来なかったり、もっとこうしたいっていうことが言えなかったりして、まだまだだなと思っていたんですね。紆余曲折ありましたが、ようやく今年に入ってすごく楽しくなったし“これだ!”って感覚になっているんです。

――音源だけでなく、ライブでもバンド感を満喫できるようになったと。

Nakanoまる:そうなんです。先日のライブでは半分くらいハンドマイクで歌ったんですが、世界がパーッと開けたような感覚で。“これがバンドというものか!”というのもあったし、これまであまり実感できなかった“お客さんと一緒に楽しむ”というのもすごくわかったんです。先日、私がMCを務める「円会」というトークイベントをやった時にメイビーモエさんが“J-POPは誰も仲間はずれにしない音楽”だと言っていたんですが、本当にそうだなって。無理することなくひとつになって、ただ音楽を楽しむっていうところにまで持って行けたのはすごくいい経験でした。

――音楽に対する自分の意識が、どんどん明確になっていっているようですね。

Nakanoまる:本当にそうなんですよ。私は自分のことというよりも、人から聞いた話を曲にすることが多かったんですね。驚いたこととか、そうだったんだって思った気持ちとか、“あの子”のことを歌っていた。でも(前作「MOM」に入っている)自分のことを歌った「笑う女の子」が評価されて、今回『WOW』を作って、自分のことがようやく客観視できるようになったからこそ気づいたことがあったんです。私が思っていた“あの子”って、実は自分自身でもあったんだなって。以前はまだ客観視ができていなくて、“あの子=自分”になっていなかったから、届かなかったんだなって思えたんです。

――なるほど。

Nakanoまる:“あの子は自分でもある”ということは中学2年生の時に音楽やお笑いに救われていた自分でもある。あの時の私にも届けたいと思える6曲ができたからこそ、売れるしかない、売りたいっていう気持ちになったんです。

――そういうことだったんですね。

Nakanoまる:この『WOW』は、人との関係性とか人との距離感みたいなところを表せたアルバムだと思っていて。自分が人生で突っかかっていたこととか、それで前に進めなかったことも言葉にできたので、やっと自分自身を理解した上で進めるようにもなりました。


――昨年、MOOSIC LAB 2018の短編部門でグランプリを獲得した映画「ドキ死」で演技の経験をされたのも大きかったそうですね。

Nakanoまる:はい。「しすたまる」(※シスター社 x 重宗玉緒 x Nakanoまるによるコラボプロジェクト)のスタイルブックでモデルをやってみたこともそうだけど、めちゃくちゃ大きかったです。「ドキ死」では主役の中野並子という役だったんですが、中野並子を自分が演じてどういう風に見られたらいいのかなとか考え始めたら、Nakanoまるを表現するにはどうしたらいいのかとか、すごくいろんなことが見えてきて。女優とモデルは、本当にやってよかったです。どうやったら自分が納得できる伝わり方をするのか、ようやく考えられるようになったから。

――音楽じゃないところに、その扉があったんですね。

Nakanoまる:ありました。自分が作る曲にしても、友達の恋愛話だったり、そもそも自分じゃない人のことを題材にしていたように、空っぽというか、正直そんなに奥深い人間ではなく、いろんな人からの影響を受けやすいタイプの人間だと思うんですね。だから、女優とかモデルっていうのがハマったのかなって。最近は、ライブでも人格が変わるといったら何ですけど(笑)、自分でもびっくりするくらいその曲の人になれるんですよ。

――最近は、1曲めからフロアに飛び込んでいって歌ったそうですね(笑)。

Nakanoまる:そうそう(笑)。ずっと自分は動けない人なんだと思っていたけど、こんなにも動きたかったんだなって(笑)。ギターがあるしシールドもあるしアンプもあるしとか思っていたけど、ハンドマイクにしたらすごく動けたし、その後にギターを持っても全然動けたんです。超楽しかった(笑)。

――自分も知らなかった自分に気づいているような感じなんでしょうね。

Nakanoまる:“自分、どうした!?”って思うくらい、新しい扉をたくさん開けている気がします。人間的にもすごくオープンになったねって言われるようになったし、お客さんとの関係性も上手くできるようになって、今本当に楽しいんです。言いたいことややりたいことも、すごく溢れているんですよ。

――止まってなんていられない!みたいな。

Nakanoまる:(笑)。次のことを考える時も“お金がないからできない”じゃなく、例えばクラウドファンディングで“申し訳ないんですけどではなくて、こういう作品にしたいから一緒に作ってください”って、ちゃんと言えるようにもなりました。

――状況的にも精神的にも、すごくいい状態なんですね。

Nakanoまる:はい。だからもう、今回の『WOW』の1曲1曲だって「(威勢良く)行ってこい!!」って感じです(笑)。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報