和田アキ子、『金スマ』で打ち明けた本音「芸能生活51年、長ければいいってもんでもない」

ツイート


今週8月30日(金)に夜8時から2時間にわたって放送される『中居正広のキンスマスペシャル』に和田アキ子が登場する。

今回、和田は、これまでテレビではあまり話してこなかった自身の生い立ちについても語ったという。1950年に大阪府天王寺で4人兄弟の長女として生まれた和田現子(アキ子)は、幼いころから体が大きく恵まれた体格を武器に同級生の男の子たちとケンカばかりと思いきや、身長の高さを理由にいじめられることも多かったようだ。だが、子どものころの和田にとって何よりも恐ろしい存在は、100人以上の門下生を持つ柔道の師範であり、礼儀作法のしつけが厳しすぎる父親。小学校高学年になると、和田は父に反発するようになり、今から50年前に家を飛び出す。大阪・ミナミの繁華街や友人の家を泊まり歩き、夜は大人に混じり飲屋街でたむろ、本格的に非行の道へ進み始めたのであった。

中学1年にしてすでに身長が174cmがあった和田は、不良に絡まれるたびに喧嘩で圧倒。そして、家出生活を始めて1年後には、中学2年にして大阪の繁華街では知らぬ者はいない不良番長になったという。その一方で、ジャズやブルースといった外国の音楽に夢中になった和田は、なぜ不良の道から芸能界へと進むことになったのか?

スタジオでは、「家で見てる番組に出ると緊張する。芸能生活51年、長ければいいってもんでもない。みんなのおかげ、大人になった」と語り、特別に本音を打ち明けたという和田。番組では、幼少から芸能生活51年間の裏表、31歳で結婚した夫との生活や、その裏にあった過酷で悲しい出来事、そして長い芸能生活における数々の出会いなどを辿っていく。

(c)TBS

■『中居正広のキンスマペシャル』番組概要

放送日時:8月30日(金)よる8時~10時
出演:
MC/中居正広
パネラー/大竹しのぶ 假屋崎省吾 室井佑月 ベック
金スマ レジェンド波乱万丈!/和田アキ子 ヒロミ
進行/安住紳一郎(TBSアナウンサー)

スタッフ:
製作著作/TBS
プロデューサー/帯純也 谷澤美和 壁谷政彦
チーフディレクター/竹永典弘
構成/都築浩 鈴木おさむ 樋口 卓
この記事をツイート

この記事の関連情報