ダフ・マッケイガン、アクセル・ローズのパフォーマンスに一目惚れ

ツイート

ガンズ・アンド・ローゼズのダフ・マッケイガンが、80年代半ば、初めてステージでアクセル・ローズを見たときの印象を語った。

◆ガンズ・アンド・ローゼズ画像

元ブラック・フラッグ、ロリンズ・バンドのヴォーカリスト、ヘンリー・ロリンズとの対談で、マッケイガンはスラッシュとアクセルとの出会いについて問われると、こう答えた。「スラッシュとは(1984年にLAに移り住んで)最初の週か2週目に、広告を通じ出会った。名前はスラッシュで、Fearとアリス・クーパーの影響を受けてるってあった。“同世代のパンク・ロッカーなんだな”って思ったよ。会ってみたら、パンク・ロッカーじゃなかった。でも、同世代だった」

「彼が、アクセルとL.A.ガンズのライブに俺を連れて行ったんだ。音楽のことはあまり覚えてないんだけど、彼(アクセル)がすごいエネルギーと共に登場したのを覚えてる。1981年に俺が目にしたヘンリー・ロリンズばりだ。彼がこのライブに準備万端なのはわかった。彼がステージに上がったとき、俺は後ずさりしたんだよ。怒りがあった。偽物じゃない。俺は本物の見分け方を心得ていたからね。あれは本物だった。いまでも、ステージから思わず後ずさりしてしまうようなギグが好きなんだ。ちょっと怖がらせてくれるバンドが好きなんだよ」

また、マッケイガンは1984年LAに引っ越した際、ギターとベースを持っていたが、ギターは盗品だったことが判明し、警察に没収され、ベースしか残らなかったとの逸話も明かした。

「警察が俺のさびれたアパートに来て、“これは君のギターか?”って訊かれたんだ。“ああ”って言ったら、ギターを持って行っちゃったんだよ。俺がその5年前に盗んだんじゃないことは、年齢から明らかだったから、お咎めなしだった。で、ベースが残ったんだ。ガンズがちょうど始まった時だよ」

ガンズ・アンド・ローゼズは9月25日、2019年に入ってから初めてとなる公演を米ノースカロライナ州シャーロットで開く。その後、フェスティバル出演を含め、11月初めまでに北米で15公演を開催する。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報