松任谷由実、新曲「深海の街」配信リリース。全423曲のハイレゾ配信も決定

ツイート

松任谷由実の最新曲「深海の街」が、2019年秋に配信リリースされることが決定した。また、荒井由実時代の作品を含む全423曲のハイレゾ音源も同日より配信開始となる。

現在、通算39枚目となるオリジナルアルバムの制作中だという松任谷由実。「深海の街」はテレビ東京『WBS(ワールドビジネスサテライト)』のエンディングテーマ曲として書き下ろされた楽曲で、4月から同番組で一部オンエアされている。配信リリースは9月中旬に予定されているということだ。

423曲のハイレゾ配信に際しては、最大46年の時を経て再生された貴重なマスターテープから、1年以上の歳月を費やして音源をデータ化。松任谷正隆による音質監修のもと、エンジニア・GOH HOTODAによる最新デジタルリマスタリングが施され、楽曲に宿る時代の空気はそのままに最新のサウンドクオリティに仕上げられたそうだ。待望のリリースを迎える「深海の街」と併せてお楽しみに。

この発表に合わせて、最新アーティスト写真も公開された。

新曲「深海の街」

2019年9月中旬 配信リリース予定

この記事をツイート

この記事の関連情報