グレン・ヒューズ、ザ・デッド・デイジーズに参加

ツイート

グレン・ヒューズが、オーストラリアのミュージシャン、デイヴィッド・ローウィーにより結成されたスーパー・グループ、ザ・デッド・デイジーズに、ジョン・コラビ、マルコ・メンドーサに代わりシンガー/ベーシストとして参加した。

◆ザ・デッド・デイジーズ 関連画像

これで、ザ・デッド・デイジーズはローウィー(G)、ダグ・アルドリッチ(G)、ディーン・カストロノヴォ(Ds)、ヒューズ(Vo/B)のラインナップで再始動する。早くも、新ラインナップによる新曲「Righteous Days」が公開された。



バンドは、「ザ・デッド・デイジーズは、ロック・ミュージックへの愛で結ばれる共同体だ」「ジョンとマルコは、これからも常にザ・デッド・デイジーズ・ファミリーの一員だが、現時点では、彼らはそれぞれのプロジェクトに専念する」との声明を出した。

「現在、伝説のシンガー/ベース・プレイヤーのグレン・ヒューズとLAのスタジオでレコーディング中だ。デイヴィッドとダグ、ディーンが年内、スタジオに戻り、アルバムを完成する。2020年、ツアーでみんなに会えるのを楽しみにしている」

ザ・デッド・デイジーズの新作は、ローウィー、アルドリッチ、カストロノヴォ、ジョン・コラビ、マルコ・メンドーサのラインナップで制作された『Burn It Down』(2018年)に続く、5枚目のスタジオ・アルバムとなる。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報