ジャスティン・ビーバー、アヴリル・ラヴィーンと遠縁にあることを発見「人生最良の日」

ツイート

ファンの間では以前から知られていたらしいが、ジャスティン・ビーバー本人がとうとう、アヴリル・ラヴィーンと俳優のライアン・ゴズリングと遠い親族関係にあることに気づいたそうだ。

◆ジャスティン・ビーバーの投稿

ジャスティンは週末、「僕がライアン・ゴズリングとアヴリル・ラヴィーン両方と血縁関係にあることを発見した。これは人生最良の日だ…本当らしいよ。ancestry.comに載ってる」と、それを示す家系図をインスタグラムに投稿した。



『Contact Music』によると、アヴリルはこれに対し、「今年、クリスマス・ディナーを主催するわね」と、親族が集まることを提案する返信をしたという。

また、ジャスティンのマネージャー、スクーター・ブラウンは「ずっと、よく似てるなって思ってた」と、コメントしている。

ただ、一部のファンからは、「私たちみんな2010年には気づいてたけど」「みんな、知ってたよ」との声も上がっている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報