大田区・京浜島の鉄工所を利用した都市型テクノフェス<LALLAPALOOZA 2019>今年も開催決定

ツイート

東京都大田区・京浜島の鉄工所を利用した都市型テクノフェス<LALLAPALOOZA 2019>が今年も開催されることが決定した。

今年はオランダ<Awakenings>などへ出演してきたTAKAAKI ITOHとGO HIYAMAによる伝説のユニットDUAL TEKがKALT DEUとして奇跡の復活を果たしスペシャルなセットを披露。ほかにもQ’HEY、DJ SHUFFLEMASTER、A.Mochi、KEIHIN、CD HATA from Dachamboなどが登場することになっている。

<LALLAPALOOZA>は2008年にビーチパーティからスタートし、2014、2015年は京浜工業地帯の川崎市ちどり公園で野外パーティとして開催し、2017年より大田区・京浜島の鉄工所を利用した「BUCKLE KOBO」にてデイパーティーの都市型テクノフェスとして開催。「BUCKLE KOBO」は、東京最後のフロンティアである京浜島の鉄工所をオープンアクセス型アートファクトリーに変えることで、周辺湾岸地域を中心に新たな文化を発信していくクリエイティブプロジェクトとして寺田倉庫により2016年に設立された。


<LALLAPALOOZA 2019 -京浜島×鉄工所×TECHNO->

2019年10月20日(日)
OPEN 11:00
CLOSE 21:00
BUCKLE KOBO
東京都大田区京浜島2-11-7
http://buckle-kobo.tokyo/ja/

Entrance Fee 5,000yen
Limited to 300 People
※保護者同伴の場合に限り中学生未満入場無料
※前売券で上限に達した場合は当日券の販売を行わない可能性がございます。

早割チケット 4,000yen (8月20日0:00〜9月30日23:59) ※枚数限定
前売チケット 4,500yen (10月1日0:00〜10月18日22:00)
グループチケット 4,000yen/4人以上

早割チケット:
https://iflyer.zaiko.io/_buy/1kE6:4hI:2abee
https://clubberia.zaiko.io/_item/317694

lineup:
*DJs*
A.Mochi (LIVE)
CD HATA from Dachambo
CHAVO
DAVIDE
KALT DEU (TAKAAKI ITOH&GO HIYAMA)
KEIHIN
Kotaro
LYOMA
ME:CA
'NOV'
Pipi
Q’HEY
TAKAMI
DJ SHUFFLEMASTER
Yukaremix
YU-S-KE

*Dance Performance*
迷彩

*VJ*
sarunotuku

*SHOP*
GATOSANO
Glass art 黒い瞳
Happy Shake
Mエイル
Tiger
Underconstruction

■会場アクセスJR京浜東北線大森駅東口より京急バス(京浜島行き・京浜島・昭和島循環、森24・森36・森45・森46系統)「京浜島十四番地」下車徒歩1分、京浜急行線平和島駅より京急バス(京浜島循環、森24・森36・森46系統)「京浜島十四番地」下車徒歩1分
東京モノレール昭和島駅下車徒歩20分
タクシーご利用の際は京浜急行線平和島駅よりのご利用が便利です。
会場付近には駐車場はございません。
公共交通をご利用してご来場下さい。
会場付近は駐車禁止エリアとなっております。
路上駐車をされると取締りの対象になる他、イベント中止になる恐れがあるため絶対にお止めください。

会場から徒歩5分程度の場所にパーキングがございます。お車でご来場の方はこちらをご利用下さい。
駐車台数に限りがございますので、事前予約をオススメします。
羽田空港駐車場つばさパーキング
http://www.tsubasa-p.jp/
羽田わくわくパーキング
http://wakuwakuparking.com/

※ドライバーの方は飲酒をしないようにお願いします。バーカウンターや受付で確認させて頂く場合もございます。
※当日は平和島駅から会場間で有料シャトルバスの運行を予定しております。詳細につきましては決まり次第アップさせて頂きます。

◆<LALLAPALOOZA 2019> イベントページ
この記事をツイート

この記事の関連情報