【インタビュー】Kotaro Saito、圧倒的な音楽情報量とメロディメイカーとしての非凡な才能を誇る新進気鋭のアーティスト

ポスト

一人の音楽家がこの広い世界を変えようとしている。彼の名はKotaro Saito(齊藤耕太郎)。世界一のシェアを誇る音楽配信サービスSpotifyのバイラルトップ50(日本)で1位に輝いた昨年以降、配信リリースごとにリスナーを増やし、Spotifyのプレイリスト「Midnight Chill」では上位ランカーの常連になった新進気鋭の青年。大手広告代理店勤務から独立してCM音楽制作、やがてオリジナル楽曲リリースに至るドラマチックな経歴と、音楽マーケティングに関して講演活動も行う独自のノウハウ。そして何よりEDM、アンビエント、ファンク、ロックなどを網羅する圧倒的な音楽情報量とメロディメイカーとしての非凡な才能。彼はどこから来たのか、彼は何者か、彼はどこへ行くのか? 都心の閑静な住宅街に立つマンションの一室で、マニア垂涎の往年の名機、Prophet-5、Minimoog Voyager、ENSONIQ VFX、YAMAHA DX7、Roland JUNO-106などアナログシンセに囲まれて饒舌に語る、音楽家・Kotaro Saitoの素顔に迫ってみよう。

■僕が音楽を作る時に何を大事にしているかが一番重要
■今はここにある楽器が僕のすべてです


──ものすごいシンセサイザーなどの機材の数々ですね。

Saito:ここにあるシンセにハマって楽しくなっちゃって、それを主にして最近は曲を書いています。僕より年上の人からすると“何でこんな古い音楽やってるの?”って思うかもしれないけど、10代20代にとっては意外と新しいんじゃないかなと思うし、9月に発表する「Ginger」という曲もこのへんの機材をがっつり使っています。ブルーノ・マーズが3年ぐらい前からこういうサウンドをやっていますけど、せっかくだから本物(の機材)でやってみようと思って、Prophet-5や買ったばかりのKORGのMS-20とかをばんばん入れている。打ち込みじゃなくて手弾きなのも僕の中でのこだわりですね。パッと弾いた時の一音でグッとくるかどうかがすごく重要で、8月14日に出した「Offshore」も、9月20日に出す「Ginger」も、アナログシンセを一音弾いた瞬間に“この音、好き!”ということを基準にしています。

──元々、楽器マニアだったんですか。

Saito:いえ、ここにある楽器を買いだしたのは2年前くらいです。元々はKORGのKRONOSとROLANDのRD-700NXで作っていたんですけけど、CMの仕事をやらせてもらえるようになってから、いろんなジャンルの曲に出会うんですね。元々ロックが好きでピアノが好きで映画音楽が好きで、オーケストレーションとロックが混ざったようなサウンドを目指していたんですけど、時代の流れもあるのか、シンセの音が耳に入って来るようになって“ロックでは出せない帯域の音が出てるぞ”とか“低音がすごく来るぞ”と思って、かなり後発でしたが2~3年前ぐらい前にEDMに夢中になって、トロピカルハウスなどが流行っていた頃、僕もこういう音を使ってみたいと思って調べてみたら、自分が憧れているアーティストのダフト・パンク、カルヴィン・ハリスとか、楽器志向の人たちはProphet-5やVoyagerを使っている。“よし、自分も買おう”と思って、CMの仕事でいただいたギャラを全突っ込みして、1年で一気に揃えました。楽器に出会ったことによって自分の可能性が大きく開けていったので、それはこれからも一番大事にしたいところです。


──出会いの衝動から音楽が生まれるというか。

Saito:そうなんです。最近いろんなところでお話させていただく機会が増えてきたんですけど、マーケティングのことや僕の経歴を語ることが多いんですよ。“博報堂を5年で辞めてCMの作家になって去年アルバムを出して…”って語るんですけど、実は僕が一番好きなのは作ることで、音楽を作る時に何を大事にしているか?が一番重要で、今はここにある楽器が僕のすべてです。僕の先輩作曲家に内山肇さんという方がいて、「Memento」や「Reason」という曲を一緒に作っているんですけど、その方の“その時代の音はその時代の楽器で出す”というモットーを僕も継承しています。ご自宅のスタジオには時代や国を彩ったシグニチャーモデル、ヴィンテージギターが広い空間を埋め尽くすほど並んでいて、求められたサウンドを忠実に表現するために、その時代のギター、アンプ、エフェクターを駆使して最高の一音を作り出す。音色一発、リフ一発で人は心を震わせ、別世界へとトリップできる。肇さんがそう教えてくれて、僕もそういう音楽を目指しています。


■Spotifyのプレイリストでは「Midnight Chill」に入ることが多い
■「Brainstorm」という曲が入ったところから自分の音楽人生が180度変わった


──去年出したオリジナル・アルバム『BRAINSTORM』を聴いて、すごいバラエティだなと思ったわけです。EDM、ロック、R&B、タイトル曲なんてまるでヘヴィメタルのような。

Saito:メタルです(笑)。あれはアメリカのレーベルと契約しているメタルバンドのギタリストに弾いてもらっています。大学の同級生なんですよ。

──この人のバックグラウンドは、一筋縄ではいかないなと思いましたね。

Saito:元々ロックから入って、ダンスミュージックはあまり通ってきてなかったんですけど、最近すごく好きで、この先1年間ぐらいは“自分の好きなグルーヴって何だろう?”というものを追求していこうと思っています。キックとベースとハイハットの面白さに気づいてしまって、そこが今はすごく楽しいので。「Ginger」みたいな曲は昔は絶対作ろうとしなかったけど、やりたいことがどんどん変化していって、商売で言うとマーケティングしづらいなと自分でも思うんですけど。


──あはは。そうかもしれない。

Saito:一方向には定められないんです。興味が移り変わるので、何か月かするとまた次のことにハマって、それを繰り返していく。リスナーの方に「あいつ、ピアノ弾いてるんだか、グルーヴものをやってるのか、ロックやってるのか、よくわかんねえぞ」と思われていそうな気もするんですけど(笑)。あまりそこは考えないようにしています。

──現状、齊藤さんが主戦場にしているSpotifyのプレイリストでは、「Midnight Chill」に入ることが多いでしょう。

Saito:多いですね。


──それは、こちらからお願いして?

Saito:いえ、僕はSpotifyの方とは直接会話していないので、曲が完成して、Spotify上に登録されたことを通知された段階で、「Spotify for Artists」を通じてサブミッションしているだけです。“今回も入るといいな、どこに入るかな”と思って見ているだけ。「Offshore」は、僕のイメージは暑い夏の昼間に外で聴きたい曲なんですけど、「Midnight Chill」に入った。でも確かに、昨日ミッドナイトに聴きましたけど、全然ありだなと思いました。僕が曲を思いついたり自分の今後のことを考えたりするのは寝る前の深夜帯が多いんですよ。ほかの時間帯に似合う音楽も作っているので“僕は深夜の人です”と言うつもりはないんですけど、そういう習性があることをSpotifyの方に見出してもらえたのかなと思います。「Midnight Chill」は僕にとって特別なプレイリストで、あれがなかったらバイラルチャート1位もなかったし、そもそもこうやってみなさんにお話を聞いていただく機会すらなかったかもしれない。Spotifyプレイリストに、メタルと映画音楽が混ざったような「Brainstorm」という曲が入ったところから、自分の音楽人生が180度変わった気がするので、数奇だなと思うし本当にありがたいです。

──今日のお話をするために「note」を使って書かれている文章を読ませてもらったんですけどね。音楽の作り方からマーケティング戦略まで、企業秘密をそこまで書いちゃっていいの?と思うようなことも全部書いちゃってるよと思ってびっくりしたんです。

Saito:僕は、全部書くようにしています。

──普通はこれを本にして売るだろうと(笑)。そこらへんの音楽ビジネス本がかなわないくらいのノウハウが書かれていて、無料版として公開しちゃってる。これはすごいと。

Saito:もちろん、あそこに書いていない企業秘密はいっぱいあるんですけど(笑)。でも書けることは書きたいし、僕の目的は“みんなで面白いことをやること”で、僕が一人で成功するなんて自分的には不幸なんです。すごく寂しいと思う。音楽が好きな人同士で“これ面白いよね”って、こうやってしゃべっているのが好きなので、そういう仲間がどんどん増えていったら楽しいなと思うし、それがいつか実を結んで、たとえば画家や映像作家と一緒にものを作って、音楽の世界を跨いで大きなカルチャーやシーンになっていったら、それは本当に素晴らしいと思うので。

──素晴らしいですね。

Saito:僕は2000年代に中学生になった世代で、地方出身者なので、当時の裏原宿とか、すごく憧れたカルチャーがたくさんあった。でも今は場所じゃなくて、思想や観念をいろんな方法で、リアルな場、ネット上、プラットフォーム上で共有することで、思想や信念が繋がって輪になっていく。そこにすごく興味があるし、僕もそこに入れてもらいたいし、そういう潮流をもし自分が作れたら本望です。音楽に限らず、そういうことができたらいいなと思っているので、noteには“僕はこういうふうに思っています”ということを正直に書いている。それで興味を持った人から連絡をもらえれば、会ってみようと思うし、あそこから取材の話が来たことは何回もあります。とにかく仲間が増えていくのが嬉しいんですよ。数は多いに越したことはないけど、それ以上に一人ひとりとの絆を大切にしたいです。それにまだ、たくさんの人にたくさんのことを届けたいという段階に僕はいないと思っているので、今は濃い繋がりを作るために、わかってくれる人に届ける作業をこの1年間やってきました。ようやく、それらを徐々に広げていく段階に来ていると思うんですけど、大事なのは、思想、意思、夢、目指すものを年齢関係なく“面白いね、一緒にやろうよ”と思える仲間ができることだと思うんです。

◆インタビュー(2)へ
この記事をポスト

この記事の関連情報