中目黒solfa、11周年記念パーティを4日間に渡り開催

ツイート

さまざまなカルチャーが交錯する中目黒solfaがオープンより11年を迎え、9月13日(金)から4日間に渡るアニバーサリーパーティを開催。今年も4日間を通し現在のsolfaを象徴するようなパーティが連日繰り広げられる。

また、本アニバーサリーパーティは、リアルなストリートボーラーが自ら作りあげるブランド、ballaholicが全日程を通してサポート。solfaとのコラボレーションTシャツが限定で販売される。12年目に突入するsolfaの新たな1ページに是非足を運んでほしい。

<solfa 11th Anniversary -supported by ballaholic->

■9月13日(金)DAY 1 <bamboo>
OPEN 21:00
DOOR 3,000YEN , WITH FLYER 2,500YEN , Early bird TICKET 2,000YEN , Before 23:00 2,000YEN

-ROOM 1-
boys be kko (Kids Return / Atomnation) -LIVE-
Gonno (WC | Merkur | mule musiq | International Feel)
Hattori (pigeon records)
KEIHIN (Prowler)
Tyme. / Tatsuya Yamada (焚火dub) -LIVE-
YOUFORGOT (UGFY)

-ROOM 2-
nutsman
Souta Raw
Kengo (GROWTH)
FAT PEACE (bamboo)
automat (TERA & DAIZEN & Hiroki Nakamura)
bungo (Restless / Rhythm Affair / FLATTOP)

-Art exhibition-
moka
Sabaay brothers

初日は日本の次世代ハウス/テクノの旗手として世界を股に掛け活動を続けるGonno、自身が立ち上げたレーベルPROWLERより「Esoteric Communication」をリリース、2019年にDJ活動を再開させたKEIHIN、名古屋Pigeon Recordsバイヤーであり、東海地方を代表するDJ Hattori、Yuji Namikiとのトラックメイクデュオ“UGFY”としても活動するYOUFORGOTが共演。またアムステルダムのレーベルAtomnationより待望のデビュー12インチをリリースしたboys be kko、ファーストアルバム『NO ONE LIKE YOU AND ME』をリリースしたTyme. / Tatsuya Yamadaの2組がライブセットを披露する。セカンドフロアでは新進気鋭のDJであり、ジャンルレスな現場で存在感を放つ岐阜のnutsman、大小様々な現場での活動に裏打ちされたプレイで支持を広げるSouta Rawも出演。祝祭に相応しい日本各地のアーティスト/DJ陣が集結する形だ。

■9月14日(土)DAY 2<MADeLIA>
OPEN 21:00
DOOR 3000/ND , WITH FLYER 2,500YEN

-GUEST-
GAGLE (HUNGER +DJ Mu-R)
Lefto (from Belgium)
BudaBrose
DJ MINOYAMA

-ACT-
DJ KATSLAW
DJ TOYODA
YUSUKE TAKAYAMA
O-PARTS
CUTS
3
SAMRAIT
Lumines
raudica
泰山北斗×K.M
HRSRYO
MOIST
Bishop Arcade
このまま
mulla
GAKI
HIROMI
ULSD
Okuyama
sea
ISIDOR
asako
O-nochrome
223
HIRO-IE
ITCHY
BART

-Dance Showcase-
Prince Twiggz
Mnchr-m
MOE +みたらし

-FOOD-
ONKsit

solfa11周年のDAY2を飾るのは、solfaオープン時から現在まで10年以上続いているロングランイベント<MADeLIA>。日本語ヒップホップクラシックスの代表格、From仙台“GAGLE”に加え、『Fact! Magazine』で“DJが尊敬するDJ”と紹介されるなど、ヨーロッパクラブシーンの重要仕掛け人であるベルギー出身のLeftoが約2年振りの来日。そしてワールドワイドに注目を集める2人のビートメイカーBudamunkとFitz Ambroseによるユニット“BudaBrose”や、横浜・東京を拠点に長年クラブDJとして一線で活躍を続け、多くの人々から絶大な信頼と支持を得ているDJ MINOYAMAら豪華アーティストが一堂に会する。

■9月15日(日)DAY 3<Woodlands Circle Club 03>
OPEN 17:00
DOOR 2,500YEN/1D , ADV 2,000YEN/1D

-LIVE-
Mom
週末CITY PLAY BOYZ
Shin Sakiura
illiomote
Foods
kaoruko
okkaaa
ニューリー
Akusa
maco marets

-DJ-
スズキケン (Marche/The Night Owl)
DJ Sharpness(Organ bar/Marche)
MARMELO
youheyhey
Yoshinuma
Shun’ei

-Vj-
VJ tsuchifumazu (Chilly Source)

-Exhibition-
Daikichi Kawazumi
yae

-Pop Up Shop-
NEUT Magazine
DAILY WORKERS

DAY3はmaco marets主催<Woodlands Circle Club>。今年5月に2ndアルバム『Detox』をリリースしたMom 、SIRUPや向井太一、原田知世、chelmicoなど数多くのアーティストの楽曲に関わるShin Sakiuraに加え、9月にデビューアルバム『Tonight.』をリリースすることを発表したOMAKE CLUB所属の週末CITY PLAY BOYZが福岡から登場する。

■9月16日(月)DAY 4<OPEN 1>OPEN 17:00
DOOR 2,500YEN/1D , WITH FLYER 2000YEN/1D , UNDER 20 ¥FREE 別途1D

-Guest ACT-
DJ Mitsu the beats (Beats Set)
Yotaro
0120(フリーダイヤル)

-ACT-
tajima hal
Yagi
ΔKTR
Aqui Dela
Charllie Abott
harayuu
ILL SUGI
Kavvd
Lidly
matatabi
Optic
Shunei

-FOOD-
ONKSIT

最終日は参加型ビートセッション<OPEN SESSION>を軸に、国内外で評価の高いビートメイカー達が一堂に会する<OPEN1>。GAGLEのビートメイカー/MC、さらには日本を代表するヒップホッププロデューサー/DJ、DJ Mitsu the Beatsに加え、Tajima hal主宰HermitCityRec.よりBEAT TAPE「Yotaro/85」と東京を拠点に活動するインディペンデントレーベル“WURAFU”よりミックステープ「0120/Free Dial」のダブルリリースパーティとなる。

◆中目黒solfa オフィシャルサイト
◆ballaholic オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報