SHIN(ex.ViViD)、O-EASTワンマン&空白の2年間収めた写真展開催

ツイート

ソロアーティストとして活動するSHIN(ex.ViViD)が12月22日、東京・TSUTAYA O-EASTでワンマンライブ<原点回帰~from the beginning~>を開催する。

◆ライブ画像/告知画像

これは、昨日9月4日に東京・LIQUIDROOMで行なわれたワンマンツアー<Alternative Sublimation>のファイナル公演で発表となったもの。自身の誕生日でもあるこの日、SHINは超満員の観客のなか、ニューアルバム『AZALEA』の楽曲を中心にアンコールを含む全18曲を披露。ファンに「新しい景色を見せたい」と話し、最後にワンマンライブの開催を発表するとフロアは大歓声に包まれた。

ファンクラブ会員を対象とした、次回ワンマンライブチケットの先行受付は本日9月5日よりスタートしている。



また、12月21日〜23日にかけて東京・デザインフェスタギャラリー原宿にて初の写真展<空白>を開催することも決定。こちらでは、これまで明かされることのなかった、ViViDの解散後からソロ活動を始めるまでの2年間を収めた写真が展示される。

<原点回帰~from the beginning~>


2019年12月22日(日)東京・TSUTAYA O-EAST
開場17:15 / 開演18:00
前売り ¥5,200(税込 / 別途D代)
座種:1Fオールスタンディング、2F指定席

[チケット]
■ファンクラブ[echoes]会員
2019年9月5日(木)12:00~9月16日(月祝)23:59
※上記受付期間内にFC入会いただいた方が申込対象

■WEB有料会員
2019年9月19日(木)12:00~9月27日(金)23:59

■一般発売
2019年10月20日(日)10:00~
各プレイガイドにて

<空白>


2019年12月21日(土)~23日(月)
東京・デザインフェスタギャラリー原宿
入場無料
※開場時間など他詳細は後日発表

「SHIN」が歩んできたバンド解散後からソロになるまでの明かされなかった2年間
「空白」の中に刻まれた苦悩・希望・葛藤の中知られざる当時の姿を初公開となる写真展開催
これは シンとSHINの間のストーリー

この記事をツイート

この記事の関連情報