【インタビュー】小柳ゆき「あの頃の真っ直ぐ過ぎる感じは今もあまり変わってないんです かなり真っ直ぐで前のめり(笑)」

ツイート

8月28日、今年デビュー20周年を迎えた小柳ゆきが約4年ぶりのシングル「Prelude」をリリース。それを記念して東京・品川の御殿山ビルにあるカラオケの第一興商を表敬訪問した。新曲「Prelude」のリリースを報告し、笑顔で記念撮影を行った。

第一興商の社員が大勢集まる中、盛大な拍手で迎えられた小柳ゆき。あまりの歓迎ぶりに少し照れくさそうな表情を浮かべながらフロアの中央へ進んでいくと、彼女の姿を目の当たりにした社員たちからは「小さーい!」「細い!」という反応があちこちから聞こえてきた。パワフルな歌声や堂々たるパフォーマンスの印象が強い彼女だけに、余計小柄に感じてしまうのかもしれない。


「初めまして、小柳ゆきです!昼食のお時間、ちょっといただきます。申し訳ないです(笑)」

ちょうどランチタイムと重なる時間の訪問だったということもあり、そんな風に挨拶の口火を切った小柳。和やかなムードの中、「DAMは、私がカラオケに行くといつも歌わせていただいている機種です。デビュー20周年というこのタイミングで、お仕事をご一緒できることをとても嬉しく思っています。頑張りますので、これからよろしくお願いいたします」と言葉を続けた。小柳は今回の新曲リリースに合わせ、9月17日から10月14日までの期間、DAMのあるカラオケルームでしか見られないスペシャルな音楽情報番組「DAM CHANNEL」に出演することが決定している。


その後、第一興商制作本部取締役の渡邊常務から「9月4日にリリースされる新曲「Prelude」には、前奏曲という意味があります。言い方を変えれば、前兆、前ぶれ。当社としても、20周年を機に新たに羽ばたく小柳さんの手助けをしていかなければと思っています。この曲をしっかり応援して、カラオケに行ったら必ずリクエスト番号を押していただきたいと思います(笑)」と、社を挙げてのバックアップを宣言。挨拶の最後には、改めて「小柳さん、20周年おめでとうございます!これからも頑張ってください!」と激励の言葉が贈られた。社員一同からの拍手とともに20周年を祝う花束も贈呈され、笑顔で受け取った小柳を囲んで全員で記念撮影。短い時間ではあったが、並々ならぬオーラとフレンドリーな一面の両方を印象付けた表敬訪問だったのではないかと思う。

その後、別室でインタビューを敢行。その模様は次ページで。その際にカラオケについての話を伺うと、最近は映画「グレイテスト・ショーマン」などミュージカルの楽曲を歌うことにはまっているという彼女。目の前で聴ける人は幸せですねと伝えると、「本気で歌うと引かれるから、みんなで行く時はなるべく普通の曲を歌うことにしてます(笑)」とのことだった。9月17日からの「DAM CHANNEL」ではどんなカラオケトークが繰り広げられるのか、そちらもお楽しみに。

◆<小柳ゆき インタビューは次のページから>
この記事をツイート

この記事の関連情報