【インタビュー】小柳ゆき「あの頃の真っ直ぐ過ぎる感じは今もあまり変わってないんです かなり真っ直ぐで前のめり(笑)」

ツイート

■私は気持ちのブレみたいなものがすごく出るタイプなんです
■今回も、そういう部分はあえて残すようにしました


――小柳さんご自身は、完成したこの曲をどんな風に受け止めていらっしゃいますか?

小柳:私がこんなことを言うのもなんですが、本当に良い曲ができたと思いました。たくさんの方に聴いていただいた時に、どの方にもスッと入っていけるような曲だと思うんですよね。詞も曲も、ミックスもそうですが、皆さんが私の力を引き出してくださって、とてもいいものが作れたなと実感しています。

――歌い手としてはいかがでしたか? 何か込み上げるものがあったとか、フラッシュバックするような瞬間があったりもしたのでしょうか。

小柳:正直そんなに深い感傷みたいなものはなかったんですが、レコーディングをしたのが中崎さんのスタジオだったんですよ。それこそ高校生の時にいつも通っていた、そして「あなたのキスを数えましょう ~You were mine~」も録った場所だったので、「うわ、ここでやってたなぁ!」みたいな気持ちはありましたけど(笑)。

――それは歌だけでなく、当時の状況などいろんなことを思い出しそうですね。

小柳:本当にそうなんですよ。それこそ「あなたのキスを数えましょう ~You were mine~」を作った時に経験していた、実体験の失恋のこととか(笑)。でも、あの頃の真っ直ぐ過ぎる感じというのは今もあまり変わってないんですよね。基本の性格として、かなり真っ直ぐで前のめり(笑)。

――周りが見えなくなるみたいな(笑)。

小柳:そういう傾向はあります(笑)。だから変わっていないといえば変わっていないんですが、もうちょっと視野を広げた上でいろんな判断ができるようになった…と思います。当時より、ちょっとだけ(笑)。


――”ちょっと”くらいでこんなに深い歌は歌えないと思います!

小柳:(笑)。でも確かに、いろんな方に何か感じていただけるような、普遍的なものほど難しいなというのは感じています。この曲は、そういう力を持った曲ですからね。ちなみに私の歌に関して言うと、私は気持ちのブレみたいなものがすごく出るタイプなんですね。今回も、そういう部分はあえて残すようにしました。

――「Prelude」の歌い方は人間くさいというか、感情の生々しさが伝わってきますよね。

小柳:実は先日、この「Prelude」を初めてライブで歌ったんですね。長崎の野外のイベントだったんですが、私の歌を初めて聴きましたっていう方のほうが多かったにも関わらず、新曲を歌ったら何人か泣いていらっしゃったのが見えて。それが本当に嬉しかったんです。なんだか、デビューした時のことを思い出したんですよね。

――自分のことを知らない人のほうが多い状況であっても、純粋に、目の前で聴いた歌に感動してもらえて。

小柳:はい。知らない曲であっても涙を流してもらえるって、そんな嬉しいことはないです。これからも大切に歌っていきたいなと、改めて思いましたね。


――では、その9月13日に行われる20周年を記念したスペシャルライブ<YUKI KOYANAGI 20th Anniversary Live “DON $ YOKU”>についてお聞きしたいのですが、こちらはどういう内容になりそうですか?

小柳:タイトルに”貪欲”とあるように、今回は私自身の欲を満たすためのライブでもあります(笑)。20周年のお祝いとして、大変申し訳ないのですが皆さんお付き合いいただけたらと(笑)。でも、この日はとても豪華なゲストの方に出ていただきますので、きっとお客さんも間近でその迫力を感じていただけると思いますよ。

――デーモン閣下、NOKKOさん、Bro.KORNさん、大黒摩季さん、そして特別ゲストの野沢雅子さん。小柳さんのお姉さんのHIROMIさんもご出演なんですよね。

小柳:はい。これまでプライベートな場所で歌ったことはあるんですが、公式のステージで姉と共演するのは初めてなんです。素晴らしいゲストの皆さんとご一緒できるので、私自身本当に楽しみにしています。

――ライブ活動の今後について、何か思いを新たにされた部分もありますか?

小柳:これまでもみんなでステージを作っていくということを大切にしてきましたが、今後はよりたくさんの方と、コミュニケーションを取っていきたいと思っています。私はバラードというイメージが強いと思うんですが、それだけではない、幅の広さを持ったステージを今後も作っていければと思っているんです。選曲の面、そしてライブならではのアレンジなど、さらに力を入れていきたいですね。

――今後のライブ、そしてリリースなども楽しみにしています。

小柳:ありがとうございます。リリースに関しても、来年に向けて頑張っていけたらと思います。先ほどもお話ししましたが、今後のことも「ヤバい、ヤバい」と言いながら楽しんでいるんですよ(笑)。その時は本当に大変な状況であっても、いろんなことが繋がった時に「よし!」っていう、その楽しみや喜びがありますからね。これまでお世話になった方とのご縁も、新しい形での出会いも大切にしながらやっていけたらと思っています。その上で、自分たちが心から「楽しいな」と思えることをやっていきたいなと考えています。

取材・文●山田邦子

リリース情報

小柳ゆき 配信シングル「Prelude」
2019年9月4日(水)配信スタート

ライブ・イベント情報

20周年記念特別公演
<YUKI KOYANAGI 20th Anniversary Live“DON $YOKU”>
2019年9月13日(金)会場:舞浜アンフィシター

◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報