スカイソニックから穴あけ加工不要、サウンドホールに取り付けるアコギ用ワイヤレスシステム

ツイート

高品位なアコースティックギター・ピックアップ・ブランドのスカイソニックから、新発想のワイヤレス・サウンドホール・ピックアップ「WL-800JP Wireless Soundhole Pickup」が登場。サウンドホールに取り付けるピックアップとワイヤレス・トランスミッターを一体化、レシーバーとセットにした画期的なワイヤレスシステムだ。


▲写真上がギターに取り付けるサウンドホール・ピックアップ(トランスミッター)、下がアコースティック・アンプに接続するレシーバー。

「WL-800JP」は、マグネティック・ピックアップとコンデンサー・マイク、異なる特性の2つのピックアップとプリアンプを備えたワイヤレス・トランスミッターとレシーバーのセット。ピックアップ本体は軽量で高磁力なネオジム・マグネットを使用したスタック構造のマグネティック・ハムバッキング・ピックアップとコンデンサー・マイクの2つのピックアップで構成。それぞれ独立したボリュームを装備し、プレイヤーのスタイルに合わせたバランスを設定することで、細やかなサウンド・メイキングを可能にした。


▲2本のネジでクランプを固定すれば取り付け完了。推奨取付サウンドホール・サイズは90~105mm。

そのサウンドは、ナチュラルな音の立ち上がりと音の太さが特徴。コード・ストロークが中心の弾き語りから、フィンガー・スタイルのソロギター、ボディ・ヒットを多用するパーカッシブなプレイまで、ジャンルを問わず幅広いスタイルに対応する。

スカイソニックが蓄積してきたピックアップの開発技術によりローノイズ、ワイドレンジを実現。ワイヤレスでの音質劣化が非常に少なく、レイテンシーも感じない。プレイヤーにとって、ストレスフリーなシステムとなっている。シーンに合わせて位相を反転させるフェイズ・スイッチも搭載する。

サウンドホール・ピックアップの取り付けは、サウンドホールに2本のネジでクランプを固定するだけ。ギター内部の配線やアウトプット端子の穴あけ加工は一切不要。ビンテージギターでも躊躇せず使用できそうだ。また、複数のギターの使用もカンタンな載せ替え作業だけで対応できるのも大きな魅力だ。レシーバーは1/4インチ標準モノラル・プラグで、アコースティック・アンプのインプットに差し込んで使用する。


電波の有効距離は遮蔽物のない直線距離で10m。中規模のステージなら自由に動くことが可能だ。トランスミッター、レシーバー共にリチウム充電池を内蔵、MicroUSB(TypeB)入力端子で充電する。市販のUSB充電器、PCやモバイル・バッテリーからの充電が可能。フル充電でおおよそ4~6時間使用できる。

製品情報

◆WL-800JP Wireless Soundhole Pickup
価格:29,800円(税別)
発売日:2019年9月6日
この記事をツイート

この記事の関連情報