オフスプリング、解雇をめぐりベーシストが他のメンバーを訴える

ツイート

オフスプリングのベーシストだったグレッグK(グレッグ・クリーセル)が、公正な補償なしでバンドを追い出されたと、フロントマンのデクスター・ホーランドとギタリストのヌードルズ(ケヴィン・ワッサーマン)を訴えた。

◆オフスプリング画像

クリーセルは、「対等な立場にある自身の権利や権限が無視、軽視され、30年以上結ばれていたパートナーシップ契約に違反し、ビジネスやビジネスの機会、資産を奪おうとの陰謀を企てている」と、ホーランドとワッサーマンを相手に訴訟を起こした。

『Forbes』誌によると、これに対し、ホーランドとワッサーマンは、クリーセルの主張を全面否定し、交差訴訟を起こしたという。2人は、2018年11月1日、クリーセルにバンドを去るよう告げ、彼が所有するOffspring, Incの株の購入やバンドの資産、印税などの支払いを申し入れたが、クリーセルは交渉を打ち切り、訴訟を起こしたと話している。

クリーセルはこの数ヶ月、オフスプリングの公演に参加しておらず、当初はノー・ダウトのトニー・カナルが、現在は元H2Oのトッド・モースがベースをプレイしている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報