きゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」、映画『ジョン・ウィック:パラベラム』劇中曲に

ツイート


10月4日(金)に全国ロードショーとなるキアヌ・リーブス主演映画『ジョン・ウィック:パラベラム』の劇中曲に、きゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」が起用されていることが明らかになった。

◆「にんじゃりばんばん」使用の本編映像

銃と体術を組み合わせたキアヌ・リーブスのキレ味鋭いアクションと、独自の世界観がヒットした『ジョン・ウィック』シリーズ。最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』では、前作から2年、スタエルスキ監督との『マトリックス』コンビが生み出す過剰なまでのアクションと、おなじみのメンバーに加え新たにハル・ベリーも迎えた豪華キャストを楽しむことができる。

裏社会の掟を破った伝説の殺し屋ジョン・ウィックは、裏社会の頂点に立つ闇の組織:主席連合によって1,400万ドルの賞金をその首にかけられ、全世界の殺し屋達のターゲットとなってしまう。なかでも、本作最強の刺客として登場するニンジャ集団との激闘に期待と注目が集まっているが、彼らの初登場シーンできゃりーぱみゅぱみゅのヒット曲「にんじゃりばんばん」が起用されており、同曲が流れる本編映像も到着した。「にんじゃりばんばん」は、本シリーズの魅力でもある日本風の世界観をより一層盛り上げている。


本作での楽曲起用についてきゃりーぱみゅぱみゅは、「『にんじゃりばんばん』が、有名なハリウッド映画で流れていると知って本当にびっくりしました! 私の中でも代表曲のひとつなので、素直にすごく嬉しかったです。」とコメントを寄せ、大人気アクションシリーズ参戦の喜びを語っている。

■映画『ジョン・ウィック:パラベラム』

10月4日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー
監督:チャド・スタエルスキ
出演:キアヌ・リーブス/ハル・ベリー/イアン・マクシェーン/ローレンス・フィッシュバーン/マーク・ダカスコス/アンジェリカ・ヒューストン

配給:ポニーキャニオン
原題:JOHN WICK:CHAPTER3 PARABELLUM(2019/アメリカ) レーティング:R15
公式サイト:http://johnwick.jp/
(R), TM & (c) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:johnwick.jp FB:@johnwick.jp twitter:@johnwick.jp

【ストーリー】
裏社会の聖域:コンチネンタルホテルでの不殺の掟を破った伝説の殺し屋、ジョン・ウィック。全てを奪ったマフィアへの壮絶な復讐の先に待っていたのは、裏社会の秩序を厳守する組織からの粛清だった。1,400万ドルの賞金首となった男に襲いくる、膨大な数の刺客たち。満身創痍となったジョンは、生き残りをかけて、かつて“血の誓印”を交わした女、ソフィアに協力を求めモロッコへ飛ぶ。しかし最強の暗殺集団を従えた組織は、追及の手をコンチネンタルホテルまで伸ばしていた………

この記事をツイート

この記事の関連情報