全米アルバム・チャート、トゥールの新作が初登場1位

ツイート
Photo by TRAVIS SHINN

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、トゥールの13年ぶりの新作、5枚目のスタジオ・アルバム『Fear Inoculum』が初登場で1位に輝いた。サード『Lateralus』(2001年)、前作『10,000 Days』(2006年)と、3枚連続で全米No.1となった。

◆トゥール画像

『Fear Inoculum』は初週、27万ユニットを売り上げ、ロック・アルバムでは、デイヴ・マシューズ・バンドの『Come Tomorrow』(2018年6月 29万2,000ユニット)以来となる高セールスをマークした。

先週トップだったテイラー・スウィフトの『Lover』は2位に後退。今週、全英で初登場1位に輝いたラナ・デル・レイの『Norman Fucking Rockwell』は、本国アメリカでは3位にチャート・インした。

今週はこのほか、17歳になったばかりのラッパーLil Teccaのデビュー・アルバム『We Love You Tecca』が4位に初登場している。

また、8月終わりにNetflixでドキュメンタリー『Look Mom I Can Fly』の配信が始まったことにより再注目されたトラヴィス・スコットの『Astroworld』(2018年)が、20位から10位へ大きく再浮上した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報