【ライブレポート】D、漆黒と熱を描いた闇のサーカス

ツイート

Dが最新シングル「道化師のカタルシス」を掲げた全国ワンマンツアー<D Tour 2019「道化師のカタルシス」>のファイナル公演を、8月29日に東京・赤羽ReNY alphaで行なった。

◆ライブ画像

このツアーでASAGI(Vo)はリングマスター(座長)兼 道化師、他のメンバーたちはサーカス団員となり、サーカス(ライブ)へ足を運んだ人たちに、夢中になれる素敵な舞台劇を披露し続けてきた。その模様を、今からここに再現したい。


夢の世界へ誘い込む妖しい音楽が流れる場内。心惑わす不思議な物語は、最新シングル「道化師のカタルシス」のカップリングへ収録した「オーガを喰らった牡猫の奇術師」から幕を開けた。幻想雄大な楽曲を背に、奇術師と化したASAGIが手にした鞭をしならせる。ASAGIが輪を描くように大きく振りまわした鞭の動きに合わせ、観客たちも大きく首を振りまわす。Dの奏でる音楽の魔術は、早くも観客たちの意識を異世界へと誘い出していた。

「シュレディンガーの夢遊猫とジャッカロープの杖」でも、観客たちは天高く拳を突き上げ、高らかに声を上げ、舞台上の団員たちへ熱を持った想いをぶつけてゆく。触れた人たちの心に潜む野生を導き出す様も、リングマスター・ASAGIや団員たちの冴えた手腕の成せる技。突き刺すような荒々しい演奏の上で、雄々しく「メテオ ~夢寐の刻~」を歌いあげるASAGI。序盤から場内の温度は、熱を孕みながらグングンと上昇し続けていた。


「恐れと哀れみが作り出すカタルシスの真意を、お前たちは今宵見届けることになるだろう」というASAGIの言葉から、最新シングルの「道化師のカタルシス」も披露された。心惑わす調べと感情を剥き出しにした団員たちの演奏が舞台の上で重なり、そこへASAGIが感情をとろけさせるような歌を塗り重ねてゆく。

「醜い素顔を仮面に隠した怪人の曲を」の言葉に続いて、ASAGIのオペラヴォイスが場内中を包み込む。奏でられたのは、「闇より暗い慟哭のアカペラと薔薇より赤い情熱のアリア」だ。激しい物語へ、誰もが熱狂を捧げゆく。そして 心嘆く姿を切々と語るように届けられた「Art de la piste」。人が生きてゆく中で抱き続ける心の機微を、彼らは音楽を通し有り有りと目の前へ映し出す。「狂人舞踏譜」では重厚な音を突き刺すように演奏。観客たちはサーカスの観客となり、次々と繰り出される演目を通し、日常のカタルシスを解き放っていった。


HIROKI(Dr)によるソロコーナーでは、シンフォニックな音色を背景に攻撃的な演奏が披露される。その荒ぶる演奏へ導かれ、メンバーたちも舞台へ。4人は、幻想耽美な香りと荒々しさを混濁させた「アンフィテアトルムはクロワッサンの夜に」を披露。各自のソロプレイも組み込みながら、彼らは「闇のサーカス」というテーマに似合う妖艶で激情した演奏を突きつけ、観客たちを煽り続けてゆく。

「さぁ全員で踊れるか」とASAGIが舞台へ姿を現すと共に、民族音楽の要素も組み込んだ「三角お屋根と哀れな小熊」が始まる。手にしたタンバリンを振りながら歌うASAGI。リズムに合わせ、観客は宴の中の踊り子に化す。続いて幻想的なワルツの調べの上、彼らは「ミシュマシュ」を演奏。まるで異世界へと滑り落ち、物語の世界へ興じる気分だ。「13月の夢見丘」では切ない感情を伝えるように歌うASAGI。その想いを支え、さらに嘆きの色を描き加える演奏陣。


「真夏の夜は、妖精と人間を繋ぐ扉が開くという……。さあ、共に真夏の夜の夢を見よう」と始まった「Dark fairy tale」、雄々しきASAGIのオペラヴォイスを合図に飛び出す「Who killed fairy?」。観客たちは牙を剥いた荒々しい演奏へ触発されていく。一転、それまでの熱狂を闇の中へ呑み込むようにDは「知られざる子供達」を演奏。ゆったりとした歌声と演奏に心が惑わされる。

「象と人と蟻と…」を介し、Dが伝えた万物と共存してゆくことの意味。何時だって、均衡を崩すのは人の欲望だ。それをASAGIは知っているからこそ、人以外の姿へ身を預け、様々な存在の声を代弁してゆく。嘆く者たちの代弁者と化したDのメンバーたちは、ぶつけようのない万物たちの感情を「Hydrograph」を通して代弁。勇壮な演奏に身は騒ぎながらも、心は歌に強く惹かれてゆく。それこそが、Dだからこそ描き出せる物語。


いよいよ物語も終盤へ。百獣の王をその身へ降臨させたASAGIが、吠えるように「Colosseo」を歌いだす。彼の気迫に触発された観客たちも声を上げ、獣の王へ感情をぶつけ返す。そして「迷いの森」を奏で、観客を迷いどころか理性を消し去る熱狂へと連れ込む。最後にDは「Guardian」を叩きつけ、観客たちをさらに熱狂の空間へ呑み込んでいった。本編の幕は、熱狂を撒き散らし閉じていった。

アンコール前には、ASAGIの誕生日を祝うサプライズも。照れた仕種を見せるASAGIの姿も新鮮だ。アンコールは、ASAGIのオペラヴォイスも冴え渡る景色から始まる「伝承されし空の物語」だ。楽曲が激しさを描くと同時に、ふたたびフロアにも熱が沸きだす。そこへさらに熱を加えるように、Dは「Lost breath」を突きつけた。フロアには大きく舞い揺れる手が挙がり、興奮や歓喜という景色を描いた。

熱狂止まない声を受け、メンバーらはふたたび舞台へ。彼らは「薔薇の記憶」でDらしい耽美な世界を描き、観客たちを挑発する。ラストを飾った「Wonderland Savior~太陽と月の歯車~」では、またも熱狂を生み出し、今宵の闇のサーカスを染め上げた。この景色を味わい続けたくて、大勢の人たちがDが綴り続ける物語を求め、ライブという空間に集う気持ちがとてもよくわかる。次なる物語もすでに発表になっている。次は、あなたも物語を彩る住人になってみるのは如何だろうか。

取材・文◎長澤智典
編集◎BARKS
写真◎TAKUYA ORITA

セットリスト

SE
01. オーガを喰らった牡猫(ねこ)の奇術師
02. シュレディンガーの夢遊猫(むゆうびょう)とジャッカロープの杖
03. メテオ ~夢寐の刻~
MC
04. 道化師のカタルシス
05. 闇より暗い慟哭のアカペラと薔薇より赤い情熱のアリア
06. Art de la piste
07. 狂人舞踏譜
Dr.solo
08. アンフィテアトルムはクロワッサンの夜に
09. 三角お屋根と哀れな小熊
10. ミシュマシュ
11. 13月の夢見丘
SMC
12. Dark fairy tale
13. Who killed fairy?
14. 知られざる子供達
SMC
15. 象と人と蟻と…
16. Hydrograph
MC
17. Colosseo
18. 迷いの森
19. Guardian
ENCORE1
01. 伝承されし空の物語
02. Lost breath
ENCORE2
01. 薔薇の記憶
02. Wonderland Savior ~太陽と月の歯車~

<GOD CHILD RECORDS Presents「Artistic Radiant Dream」>

【出演】浅葱 (ASAGI solo Works)、Ruiza (Ruiza solo Works)、D(出演順 / 3マン)
※終演後特典会有り(Dのみ/特典会対象商品はソロを含む全商品)

11月15日(金)新横浜NEW SIDE BEACH!!
11月23日(土)仙台MACANA
11月25日(月)札幌cube garden
11月26日(火)札幌cube garden
11月29日(金)新潟GOLDENPIGS RED STAGE
12月06日(金)HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3 
12月13日(金)金沢AZ
12月15日(日)福岡DRUM SON
12月17日(火)広島SECOND CRUTCH
12月20日(金)OSAKA MUSE
12月22日(日)名古屋ell. FITS ALL

[TOUR FINAL]
12月26日(木)Veats SHIBUYA

【料金】
オールスタンディング ¥5,500(税別)/ D別
12月26日(木)Veats SHIBUYAのみ ¥6,000(税別) / D別
※3歳以上チケット必要
※チケット詳細近日発表

<D 新衣装初お披露目ワンマン>

10月20日 (日) 高田馬場AREA
【Open / Start】16:30 / 17:00
【チケット】¥5,500 (税別)

<D Official Fan Club Ultimate lover限定「Ultimate lover ~第三十六夜~」/D Official online salon 「Sub Rosa」会員限定 二部制ワンマン>

11月10日(日)SHIBUYA REX

一部 【Open / Start】13:30 / 14:00
【チケット】¥5,500(税別)

二部 【Open / Start】18:00 / 18:30
【チケット】 VIP会員 無料 / GA会員 ¥3,000(税別)

一部:FC会員限定ワンマン「Ultimate lover ~第三十六夜~」
(ワンマンライブ+ファン参加型 新曲ライブバージョンMV収録有り・メンバーやスタッフがiPhoneやスマートフォン等で撮影した映像をASAGIが編集いたします)


二部:D Official online salon 「Sub Rosa」会員限定ワンマン「Sub Rosa~第一夜~」(各メンバーヴァンパイアキャラクターVo.ライブ)
【出演】Dreizehn、Kircheis、Rafaga、Carbuncle、Wilderness

<“浅葱"単独公演「妖狐の嫁入り~京都編~」>

9月22日(日)京都MUSE「妖狐の嫁入り~京都編~」
ライブ終演後物販購入者対象特典会有り!
※詳細後日発表

<チケット料金>
【99枚限定プレミアムピクチャーチケット(FCのみ)】
(終演後の特典会:デカチェキ撮影券(サイン入れ有り)&握手券付き、京都限定キーホルダー付き)
¥9,999(税抜)

【通常チケット料金】
¥5,000(税抜)

【サポートメンバー】
G : HIRO (La'cryma Christi)
G : you
B : 燿 (摩天楼オペラ)
Dr : 淳士 (BULL ZEICHEN 88 / 戦国時代-The age of civil wars- / ex. SIAM SHADE)

公演詳細はこちら
御屋敷頁 : http://www.god-child-records.com/asagi/

<戦国時代-The age of civil wars- 赤羽の陣 三騎戦>

【日時】
9月26日(木)
開場 18:00 / 開演 18:30

【会場】
赤羽ReNY alpha

【出演】
浅葱 / 戦国時代-The age of civil wars-

【浅葱サポートメンバー】
G: HIRO (La'cryma Christi)
G : you
B : 燿 (摩天楼オペラ)
Dr : 淳士 (BULL ZEICHEN 88 / 戦国時代-The age of civil wars- / ex. SIAM SHADE)

【チケット料金】
前売 : ¥4,800(税込/整理番号付き/D代別)
■オフィシャル先行受付中 (抽選)
エントリー期間:8/18 (日) 23:59まで
https://l-tike.com/st1/akabanesanki-hp
 
■一般発売
8月31日(土)10:00~
ローソンチケット https://l-tike.com
チケットぴあ https://t.pia.jp
イープラス https://eplus.jp

<RUIDO K3 10th Anniversary Ruiza solo works ONEMAN LIVE「Two sides vol.2」>

9月29日(日) 池袋RUIDO K3
RUIDO K3 10th Anniversary Ruiza solo works ONEMAN LIVE「Two sides vol.2」

【内容】一部 : Ruizaによるギター演奏 & トーク。様々な楽曲、フレーズの解説。二部 : Ruiza solo works ワンマンLive

【二部サポートメンバー】G : 刻B : 進藤 渉Dr : 靖乃(ex.Kra)

一部 : 1st side [Input][OPEN / START] 13:00/13:30
[料金] 前売¥3,000 / 当日 ¥3,500 (税別・オールスタンディング※D代別)

二部 : 2nd side [Output]
[OPEN / START] 18:00/18:30[料金] 前売¥4,000 / 当日 ¥4,500 (税別・オールスタンディング※D代別)

二部通し券 ¥6,800 (税別・各部D代別)※3歳以上チケット必要※各部ライブ終演後 物販購入者対象特典会有り

[一般チケット]9月1日(日)~

<D Official Fan Club Ultimate lover限定 HIDE-ZOU BIRTHDAY PARTY in Studio Rosaruim >

11月16日 (土) Studio Rosaruim (一部:12:00~ 二部:18:00~)
11月17日 (日) Studio Rosaruim (一部:12:00~ 二部:18:00~)
※全日程、全メンバーが参加いたします。 詳細近日発表

◆D オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報