iCONからワンフェーダータイプのコンパクトなDAWコントロールサーフェイス「Platform Nano」

ツイート

iCON Globalからフルサイズのモータライズドフェーダーを1基搭載したDAWコントロールサーフェス「Platform Nano」が登場。フックアップより9月13日に発売される。

2016年より展開しているiCON GlobalのコンパクトなコントロールサーフェスPlatformシリーズは、手頃な価格でモータライズドフェーダーを搭載し、拡張性も備えたラインナップで好評を博している。シリーズ最新作の「Platform Nano」は、ワンフェーダータイプで、さらなるコンパクトさを追求しながらも、上位モデルPlatform M+に劣らない機能を搭載しての登場だ。


▲フェーダーに加え、LEDディスプレイ、ジョグホイール、多くの自照式ボタンを備え、さまざまな操作が行えるトップパネル。

Mackie Control UniversalプロトコルとHUIプロトコルを内蔵し、多くのDAWをコントロール可能。また、使用するDAWに対応したオーバーレイシートが付属する。別売りのLCDモジュール「Platform D2」を使用すれば、多くのトラック名やパラメーター名を表示させることも可能だ。


▲リアパネルにはUSB端子、LCDモジュールPlatform Dを接続する端子に加え、任意の機能を割り当てられる2つのフットスイッチ端子(1/4インチTS)を備える。

▲各種DAWに対応したオーバーレイシートが付属。使用するDAWに合わせて取り替えることで、各ボタンの機能を容易に把握することができる。

その他の特徴は以下のとおり。

・10ビットの解像度を持つタッチセンス付き100mmモータライズドフェーダー
・非常にコンパクトでスタイリッシュなデザイン
・チャンネル名やパラメーター値を表示するバックライト付きLCDディスプレイ
・1基(メイン)+4基のデュアルファンクション(回す/押す)ロータリーエンコーダーノブ
・メインノブの周りに配置されたポジションを表す11セグメントLED
・タイムやロケーションを表示する12セグメントLEDディスプレイ
・高速サーチ、スクラブおよびコントロール用のジョグホイール
・モードを5色で表す8つのファンクションボタン
・ミュート、ソロ、録音などの自照式ボタン
・再生、停止、録音、巻戻し、早送り、ループの自照式トランスポートボタン
・ジョグホイールと併用する2つの方向キーを備えた、自照式ズームボタン
・各チャンネルを簡単に選択できる2つの自照式トラックボタン
・各チャンネルを選択する2つのトラックボタン
・8チャンネル単位でシフトする2つの自照式バンクボタン
・Mackie Control UniversalプロトコルとHUIプロトコルの搭載により対応するDAWをサポート
・Cubase / Nuendo、Logic Pro、Digital Performer、FL Studio、Samplitude、Reaper、Studio One、Bitwig、Reason、Pro Tools、Sonar、Ableton Live、およびユーザー設定といったオーバーレイシートを付属
・MIDI機能を簡単にマッピング可能なiMapソフトウェア同梱
・USB接続とiMapソフトウェアで簡単にファームウェアアップデート可能
・USB 3.0による高速接続(USB 2.0での接続や、USBハブ経由でのご使用はサポート対象外)
・任意に設定可能な2つのフットスイッチ端子(1/4インチTS)
・精度の高い組立品位
・Kensingtonロックポート搭載
・オプションのPlatform D2拡張ディスプレイを接続可能
・USB 3.0ケーブル付属
・外形寸法:195×215×55mm
・重量:766 g
・対応OS:Windows 7 / Mac OS X 10.12以降、クラスコンプライアント

製品情報

◆Platform Nano
価格:18,000円(税別)
発売日:2019年9月13日
この記事をツイート

この記事の関連情報