グリーン・デイ、フォール・アウト・ボーイ、ウィーザー、早くも共同ツアー・プレビュー公演開催

ツイート

今週、2020年夏に共同ツアーを開催することを発表したグリーン・デイ、フォール・アウト・ボーイ、ウィーザーが、それを告知した日(9月10日)の夜、米ウエスト・ハリウッドにあるクラブ、ウィスキー・ア・ゴーゴーでスペシャル・ライブを開いた。

◆公演の様子

彼らはわずか500人を前にプレイしたそうだ。同日、2月にニュー・アルバム『Father Of All Motherfuckers』をリリースすると発表したグリーン・デイは、そのタイトル・ソングを初パフォーマンス。「短すぎるから……」と、続けて2回プレイした。

彼らは「American Idiot」「Bang Bang」「Basket Case」「Jesus Of Suburbia」など12曲を、ウィーザーは「Buddy Holly」「Beverly Hills」「Africa」など10曲、フォール・アウト・ボーイは、ライブ初となる新曲「Dear Future Self (Hands Up)」をはじめ8曲をパフォーマンスしたという。







3バンドの共同ツアー<Hella Mega Tour>は、2020年6月にフランスでスタート。ヨーロッパで8公演、北米で20公演を開く。

グリーン・デイはその前にアジア・ツアーを開催。3月後半に日本でも公演を行なうという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報