吉幾三、新方言ラップ「TSUGARU」配信。MVは字幕つき

ツイート

1984年に発表された「俺ら東京さ行ぐだ」から35年、日本語ラップの元祖と言われた吉幾三が、新方言ラップ「TSUGARU」を9月12日に配信限定でリリースした。

◆コメント動画/ミュージックビデオ

同曲は、たわいのない日常のできごとや会話を全編津軽弁で歌ったナンバー。公開されたコメント動画で、吉幾三は歌詞について「津軽に住んでる人でも、年配の人しかわからない」と語っている。



また、「TSUGARU」のミュージックビデオ(字幕つき)も公開された。36度の猛暑の中、吉幾三が青森の田んぼ道を歩く様子などが収められているのでチェックしてみよう。


配信リリース情報


「TSUGARU」
2019年9月12日(木)配信限定リリース
作詞・作曲・編曲/吉 幾三
Apple music、レコチョク、Spotify、その他主要サイトにて
https://tjc.lnk.to/ikzo

舞台情報

<新歌舞伎座開場60周年記念「吉 幾三 特別公演」>
2019年12月1日(日)〜18日(水)大阪・新歌舞伎座
一部:どたばた遊侠伝 時代遅れの竜
二部:吉 幾三オン・ステージ~ジャンルを超えて…吉 幾三 世界の旅唄~
https://www.shinkabukiza.co.jp/perf_info/20191201.html

この記事をツイート

この記事の関連情報