Qアワーズ、候補発表

ツイート
Photo by Mara Palena

英国の音楽誌『Q』が主催する<Q Awards 2019>の候補が発表された。

◆<Q Awards>関連画像

今年は、ビリー・アイリッシュ、ストームジー、The 1975が最多の4部門で候補に挙がり、フローレンス・ウェルチがソロおよびフローレンス・アンド・ザ・マシーンで3部門、ラナ・デル・レイ、リアム・ギャラガー、ルイス・キャパルディ、Dave、AJ Traceyらが2部門でノミネートされた。

現在、『Q』のウェブサイトで一般投票を受け付け中。授賞式は10月16日にロンドン/ラウンドハウスで開催される。

<Q Awards 2019>の候補は以下のとおり。

●最優秀ブレイクスルー・アクト
Gerry Cinnamon
リトル・シムズ
ロザリア
ルイス・キャパルディ
Slowthai
Fontaines DC
AJ Tracey
Easy Life
サム・フェンダー
Working Men's Club
Self Esteem
ペール・ウェーヴス

●最優秀トラック
The 1975「People」
ストームジー「Vossi Bop」
ビリー・アイリッシュ「bad guy」
Jarv Is「Must I Evolve」
リゾ「Juice」
FKAツイッグス「Cellophane」
Roisin Murphy「Icapable」
AJ Tracey「Ladbroke Grove」
ヴァンパイア・ウィークエンド「Harmony Hall」
ルイス・キャパルディ「Someone Like You」

●最優秀アルバム
スリーフォード・モッズ『Eton Alive』
ビリー・アイリッシュ『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』
The 1975 『A Brief Inquiry Into Online Relationships』
ラナ・デル・レイ『Norman Fucking Rockwell』
シャロン・ヴァン・エッテン『Remind Me Tomorrow』
Slowthai『Nothing Great About Britain』
フォールズ『Everything Not Saved Will Be Lost (Part 1)』
Dave『Psychodrama』
リトル・シムズ『GREY Area』
ファット・ホワイト・ファミリー『Serfs Up』

●最優秀ライブ・パフォーマンス
The 1975 - レディング・フェスティバル
ストームジー - グラストンベリー・フェスティバル
アリアナ・グランデ - o2 Arena
ザ・コーディナーズ - Heaton Park
ザ・ストリーツ - Brixton Academy
フローレンス・アンド・ザ・マシーン - Hyde Park
ダヴズ - TCT at Royal Albert Hall
ザ・ストロークス - All Points East
マイケル・キワヌカ - End Of The Road
ニール・ヤング&ボブ・ディラン - BST Hyde Park

●最優秀ソロ・アクト
ルイス・キャパルディ
ストームジー
ロイル・カーナー
ビリー・アイリッシュ
Dave
オルダス・ハーディング
リアム・ギャラガー
フローレンス・ウェルチ
ケイト・テンペスト
Kano

●最優秀アクト・イン・ザ・ワールド・トゥデイ
ストームジー
The 1975
ビリー・アイリッシュ
フローレンス・アンド・ザ・マシーン
リアム・ギャラガー
アークティック・モンキーズ
ラナ・デル・レイ
ブルース・スプリングスティーン
クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズ
ビッフィ・クライロ

●最優秀フェスティバル/イベント
All Points East
グラストンベリー
ラティチュード
ワイト島フェスティバル
ブリティッシュ・サマー・タイム
レディング&リーズ・フェスティバル

このほか、功労賞、インスピレーション、レジェンド、アイコンなどの特別賞が、授賞式間近もしくは当日に発表される。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報