Pioneer DJ、初めての人でも本格的に演奏できるDJコントローラー「DDJ-SB3」に個性的なゴールドモデル

ツイート

Pioneer DJから、Serato DJ Lite専用コントローラー「DDJ-SB3」のゴールドモデルが登場。「DDJ-SB3-N」が10月上旬に発売される。

ベースモデルとなる「DDJ-SB3」は、気軽に持ち運べる可搬性の高さと、直感的な操作性が高く評価され、幅広い層のDJから支持されているDJコントローラー。さらにヒップホップ界の巨匠DJ Jazzy Jeffとの共同開発により、スクラッチ操作を再現可能にした「PAD SCRATCH」機能と、楽曲同士のミックスをカンタンかつスムースにできる「FX FADE」機能を搭載し、DJが初めてという人でも本格的な演奏を楽しむことができる。

今回登場の「DDJ-SB3-N」は、ブラックの本体パネルに高級感のあるゴールドのジョグとゴールドのパネル印刷をアクセントとして採用。より個性をアピールできるきらびやかなデザインとなっている。

本体サイズは482.6×272.4×58.5(W×D×H)mm、重さは2.1kg。128mmの大型ジョグホイールやパフォーマンス・パッド、PLAY/CUE/AUTO LOOPボタン、ミキサーのノブやフェーダーの配置は上位のDDJ-Sシリーズを踏襲した配置となっている。USBケーブル1本でPC/Macと接続することですぐにプレイできるサウンドカードを内蔵(24bit/44.1kHz対応)。再生周波数帯域は20~20000Hz、S/N比は103dB。DJソフトウェア「Serato DJ Lite」に対応しており、すぐに利用できる(無償ダウンロード提供)。

製品情報

◆DDJ-SB3-N
価格:オープン
発売日:2019年10月上旬
この記事をツイート

この記事の関連情報