ジェイデン・スミス、ヴィーガンになり肌が灰色に?

ツイート

ウィル・スミスと女優のジェイダ・ピンケット=スミス夫妻は、ヴェジタリアンの上をいくヴィーガンになった息子ジェイデンの食生活に介入しなくてはならなかったという。彼の身体の著しい変化を懸念したそうだ。

◆『Red Table Talk』動画

Facebook Watchで公開されているスミス家のトーク・ショー『Red Table Talk』は、今週、「ウィル・スミスの緊急家族会議」と題したエピソードを公開。ウィル、ジェイダ、ジェイデン、娘のウィロー、ウィルの最初の結婚で誕生した長男トレイ、ジェイダの母Adrienne Banfield-Jonesが“レッド・テーブル”につき、食生活について話し合った。

ジェイダは「ウィルと私は、ジェイデン(の食生活)にちょっと口を挟まなきゃならなかったの。彼、ヴィーガンだったでしょ。プロテインが十分摂れてないってわかったのよ。やせ細ってしまって、疲れて見えたわ。枯れちゃったって感じ。栄養が十分じゃなかったのよ」と話し、その状態は、ウィルいわく「目にクマができ、肌がちょっとグレーがかってさえいた」そうで、「僕ら、本当に心配になった」という。

ジェイデン本人もそれは実感しており、現在、ヴィーガンは止め、乳製品は食べるヴェジタリアンになったそうだ。

彼らは、家族でありながら知らなかったそれぞれの食生活やそれに伴う体調について明かし、専門家を交え、食の大切さを再認識した。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報