グレイトフル・デッドの作詞家、ロバート・ハンターが死去

ツイート

グレイトフル・デッドの作詞家として知られたロバート・ハンターが9月23日、78歳で亡くなった。

◆ロバート・ハンター&ジェリー・ガルシア画像

家族によると、自宅で愛する人たちに囲まれる中、安らかに息を引き取ったという。死因は明かされていないが、この数年、脊髄膿瘍や膀胱がんと闘病していた。

ハンターは60年代初め、ジェリー・ガルシアと出会ったが、彼のバンドに加入するのは拒み、しばらくは独自に詞や曲を作り続けた。2015年に行なわれたインタビューで、「デッドが結成されたから、ジェリ―に歌詞を送ってみたんだ。そしたら、返事があって“カリフォルニアに戻って来て、俺らの作詞家にならないか?”って言われた。彼らは“Dark Star”を作っているところで、僕がすぐそれに詞を書いたんだ」と話している。

ハンターは、グレイトフル・デッドの楽曲だけでなく、ボブ・ディランと「Silvio」「Beyond Here Lies Nothin’」「Duquesne Whistle」なども共作した。

1994年にグレイトフル・デッドのメンバーとロックの殿堂入りし、2015年にはジェリー・ガルシアと共にソングライターの殿堂入りを果たしている。



合掌。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報