クリス・コーネルのドキュメンタリー映画、妻役でロバート・デ・ニーロの娘が出演

ツイート

ブラッド・ピットがプロデュースする故クリス・コーネルのドキュメンタリー映画『Like A Stone』のキャストが明らかになった。

◆クリス・コーネル画像

生前の映像だけでなく、再現シーンもあるそうで、インターネット・ムービー・データベース(IMDb)には、クリス・コーネル役にLauchlin MacDonald、コーネルの妻にロバート・デ・ニーロの娘Drena、アクセル・ローズにMicah Fitzgerald、キム・セイルにSandeep、ブラッド・ウィットフォードにChris Declercqの名が記載された。

サウンドガーデン、オーディオスレイヴ、ニルヴァーナ、パール・ジャム、ザ・ビートルズらの過去の映像が使用され、2021年の公開を予定しているという。

『Like A Stone』は、コーネルの大ファンで親しい友人だったブラッド・ピットがエグゼクティブ・プロデューサー、コーネルの妻ヴィッキーさんがプロデューサーを務め、『マイル22』(2018年)、『Wonderland』(2019年)などを手掛けたピーター・バーグが監督する。

コーネル役のLauchlin MacDonaldはこの先しばらくミュージシャン役が続き、これから制作される『The Stones: Act』でキース・リチャーズを、ドキュメンタリー『Livin’ On The Edge』でジョー・ペリー、『Mötley Crüe: Life of a Röck Star』でトミー・リーを演じる予定らしい。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報