フェンダー、エレキとアコースティックの融合、American Acoustasonic Telecasterに希少材使用の高級感あふれるモデルが登場

ツイート

アコースティックギターとエレキギターのトーンを奏でることができる新しいギターとして注目を集めているフェンダーの「American Acoustasonic Telecaster」に、希少材を使用したモデルが登場。Summer NAMM 2019で発表された「American Acoustasonic Telecaster Ziricote」の国内販売が9月27日より開始となる。



「American Acoustasonic Telecaster Ziricote」は、トップ材に希少価値の高いジリコテ、バックとサイド、そしてネック材にブラックリンバを採用した限定モデル。

コンター加工を施したホローボディ内には特許申請中のStringed Instrument Resonance System(SIRS)テクノロジーを搭載し、迫力のあるナチュラルなボイシングと生き生きとした倍音が得られる。ステージでの使用時に悩まされるフィードバックや楽器を持ち替えた際のサウンドセッティングなどのチャレンジングな要素の多くを排除する工夫も組み込まれた。その要となるのがFishmanと共同開発したサウンドプロセッサー。ギターのナチュラルなサウンドを最適化しながらレゾナンスをモディファイすることで、ユニークなサウンド設計が可能。2種類のアコースティックピックアップが生み出す多彩なアナログギタートーンと、Acoustasonic Noiselessピックアップが生み出すエレクトリックギタートーンは、Modノブでブレンドでき、今までにないサウンドをシンプルに作り上げることができる。ハードシェルケースが付属。




製品情報

◆American Acoustasonic Telecaster Ziricote
仕様:Ebony Fingerboard, Natural
価格:380,000円(税別)
発売日:2019年9月27日

関連画像&映像

◆FENDER 画像&映像
この記事をツイート

この記事の関連情報