Fender Effects Pedalsから初のアコースティック用など6機種が販売開始、定番からユニークなエフェクトまでラインナップ

ツイート

フェンダー初のアコースティック用ペダルを含むFender Effects Pedals最新6製品が登場。Summer NAMM 2019で発表された新モデルの国内販売が9月27日より開始となる。

2018年のエフェクトペダル本格参入から、速いペースでラインナップの拡充を図っているFender Effects Pedals。最新機種は、デュアルファズ「The Trapper」、ディレイ&リバーブ「Reflecting Pool」、チューブディストーション「MTG:LA」、エンベロープフィルター「Pour Over」、アコースティック用ペダル「Smolder Acoustic Overdrive」、コンプ/ディストーションの「Compugilist」とバリエーション豊かな製品が揃った。

それぞれにトーンの可能性を広げるために強化されたさまざまな機能を搭載。ボディは軽量で耐久性の高いアノダイズドアルミニウムを採用。トップパネルのLEDはひと目でフェンダーとわかるクラシックなアンプジュエルを装備。LEDバックライト付きのコントロールノブは暗いステージ上でもセッティングがひと目で確認できる高い視認性を誇る。

■The Trapper Dual Fuzz(ファズペダル)

スムーズで上品なサウンドから、ザラついて崩れたニュアンスまでを生み出す、ユニークで新しいデュアルファズ。1回の踏み替えで、キャラクターが劇的に切り替わる。ファーストボイスは、クリッピングが柔らかく、歪みの少ない落ち着いたサウンドが特徴。専用トグルスイッチで、クラシックなサウンドをオクターブアップで追加する。セカンドボイスは、気骨がある厳格なファズ回路で、ダイナミックノイズゲート採用により、ギターのボリュームとトーンコントロールで、ニュアンスの調整が可能。ToneとContourノブは両方の回路共通で、好みのサウンドを形作れる。

■Reflecting Pool Delay & Reverb(ディレイ&リバーブペダル)

ディレイとリバーブという2種類の定番エフェクトをひとつのシャーシに統合し、ペダルボード上に組み込みやすくしたステレオペダル。リッチで複雑なアルゴリズムを処理する高精度DSPを搭載し、クラシックサウンドを忠実に再現すると同時に、別世界の新たなサウンドも引き出す。Type、Variation、Qualityのコントロールにより精密なサウンド作りが可能で、Timeトグルスイッチでディレイのリズム設定を細かく調整可能。さらに、楽曲のテンポにディレイの反復音のタイミングを合わせるTAP TEMPOフットスイッチも搭載。ステレオ入出力やリバーシブル・ルーティングパスなど多数の機能を備えた、ペダルボードの中心的な存在になり得るモデルだ。

■MTG:LA Tube Distortion(チューブディストーションペダル)

米国製NOS 6205プリアンプ真空管を搭載したチューブディストーションペダル。名前が示すように「MTG Tube Distortion」の兄弟機種で、チューブトーンを愛するプレイヤーに最適なモデルだ。開発に際して回路を再確認、より多くのゲイン、より穏やかなミッドレンジ、異なるEQセクションのため、いくつかの調整を加えた。唯一手を加えなかったのは、MTGのデザインを鼓動させる中心部。本物のチューブトーンを得るために、150プレート電圧で稼動する、本物の米国製NOS 6205プリアンプ真空管を搭載している。フットスイッチで明瞭なブーストを加えられ、さまざまなトーンオプションのためにボリューム、ゲイン、その両方を追加設定可能。MTG:LAのボイシングはオリジナルのMTGとは異なり、低音のレスポンスが良く、ディストーションにも新たなテクスチャが加わっている。さらにオリジナルMTGのMIDコントロールに代わり、TONEコントロールが追加。ヘッドルームの広さとチューブアンプをドライブしたようなサウンドが魅力のモデルとなっている。

■Pour Over Envelope Filter(エンベロープフィルターペダル)

オートワウと呼ばれる従来のエンベロープフィルターにユニークな機能を追加したモデル。ピッキングのダイナミクスを忠実に再現でき、オンボードディストーションサーキットに専用コントロールを付加し、トグルスイッチの設定でさらなるブーストを加えることが可能。HIGH-PASS、LOW-PASS、BAND-PASSのフィルターやスウィープディレクションコントロール(sweep-up/sweep-down)を統合、音楽のニーズに応じた精密なサウンド作りを実現する操作性を搭載する。


■Smolder Acoustic Overdrive(アコースティックオーバードライブペダル)

これまで、アコースティックギターとオーバードライブペダルは、うまく融合しなかった。多くの場合、歪みが加わることで音が膨張し、創造性に欠けた非音楽的なサウンドになるためだ。さらに、常にフィードバックの問題を抱えている。こうした問題をエレガントに解決したのが、オールアナログで構成された「Smolder Acoustic Overdrive」だ。Smolderのオールアナログレシピは、Pickup Compensationのコントロールから始まり、アコースティックピックアップのアタッキーな音を和らげる。Driveノブでディストーションを加え、3バンドEQとFilterコントロールで柔軟なトーン成形を行う。キャビネットシミュレーターにより、フルレンジのアコースティックアンプやPAを使用した際も、シグナルパスにフレーバーを追加できるよう設計されている。

■Compugilist Compressor/Distortion(コンプレッサー&ディストーションペダル)

高品質なコンプレッサーとディストーションの組み合わせは、60年代半ば以降、多くのクラシックなロックソングにおけるトーンの基盤となっている。コンプレッサーでダイナミクスを滑らかにし、ディストーションを通ることでグリットとサチュレーションが加わる。時代を超越したサウンドを1つのボックスに捉らえるために、フェンダーはお気に入りのペダル「The Bends」と「Pugilist」から、本質的な機能を抽出し、「Compugilist」を完成させた。これら2つのオールアナログエフェクトは、それぞれ独立切り替え可能。スタジオグレードのコンプレッションを単独で使用し、クリーンなトーンを均一にして、独自なディストーションの歪みを重ね合わせることで、壮大なサウンドを作り出す。必要なものはすべてあり、不要なものは何ひとつないため、コントロールはカンタン。シグナルチェーンの重要なフロントエンドにすばやくダイヤルインできる。

製品情報

◆The Trapper Dual Fuzz(ファズペダル)
価格:20,000円(税別)
◆Reflecting Pool Delay/Reverb(ディレイ&リバーブペダル)
価格:35,000円(税別)
◆MTG:LA Tube Distortion(チューブディストーションペダル)
価格:13,000円(税別)
◆Pour Over Envelope Filter(エンベロープフィルターペダル)
価格:13,000円(税別)
◆Smolder Acoustic Overdrive(アコースティックオーバードライブペダル)
価格:20,000円(税別)
◆Compugilist Comp/Distortion(コンプレッサー&ディストーションペダル)
価格:18,000円(税別)
発売日:2019年9月27日
この記事をツイート

この記事の関連情報