【速レポ】<中津川ソーラー>OAU、こりゃあ最高の1日になる…そんな気分にさせてくれる快演

ツイート

今年も盛大に幕を開けた<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019>。太陽光発電によるロック・フェスティバルとして、中津川の地にどんな笑顔の花を咲かせてくれるのか。ここRESPECT STAGEは、緑に囲まれ、すぐ側には気球や遊具も配されており、のんびりとあたたかな空気に包まれている。そんなステージのトップバッターを任されたのはOAUだ。

◆OAU 画像


まずはRONZI(Dr)、KAKUEI(Per)、ジャンベを抱えたTOSHI-LOW(Vo、G)が登場。軽快なオープニング・ジャムの「Banana Split」をスタートさせる。ハンドクラップを誘い、野生的なグルーヴが徐々に高揚感を高めるなか、残りのメンバーもオン・ステージ。「おはようございます!」というマーティン(Vo、G、Violin)のハツラツとした挨拶を合図に、「Making Time」へ。なんとも気持ちのよいメロディが、丘を駆け、大空まで昇ってゆく。こりゃあ最高の1日になるなと、そんな気分にさせてくれる快演だ。





ここで改名の報告と、恒例になりつつある、OAUの3文字によるアイウエオ作文(下ネタでおとすことも恒例になりつつある笑)を伝えるTOSHI-LOW。さらに“みなさん、自然のなかで、自分の心のなかに咲く何かを見つけましょう”と「こころの花」へ。その次は「MIDNIGHT SUN」。美しすぎるメロディの英詞曲と、日本語詞で心のひだをじんわり震わせるナンバーを交互に並べたセットリストは、ちょっとずるいくらいにグッとくる。またウッド・ベースのあたたかな低音や、12弦ギターの煌びやかな音色など、アコースティックならではのサウンドもやはりいい。続く「Again」の狂おしいバイオリンやカントリー・テイストのギター・ソロも冴え渡っていた。



「このステージにこんなに人がいるってことは、(同時刻の)シアターブルックにはほとんどいないね」と沸かせるTOSHI-LOW。「来年も呼んでもらえるなら、また来たいなと思ういいフェスです」と続ける。気づけばアクトは終盤へ。祈りのような等身大の願いと、自分の足で前へ進むんだという意志、そのふたつを歌い上げる「A Better Life」。ハープとスライド・ギターが絶妙なハーモニーを奏でる「Where have you gone」。当たり前に口にしてきた“ただいま”や“おかえり”が当たり前でなくなること、そして、それでも生き抜く人の姿を描いた「帰り道」。しっとりと、しかし力強くラストソングを演り切った彼らの顔には、確かな充実感が浮かんで見えた。



取材・文◎秋摩竜太郎
撮影◎三浦麻旅子

【OAU セットリスト】

1.Banana Split
2.Making Time
3.こころの花
4.MIDNIGHT SUN
5.Again
6.A Better Life
7.Where have you gone
8.帰り道

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019>

9月28日(土) 岐阜県 中津川公園内特設ステージ
9月29日(日) 岐阜県 中津川公園内特設ステージ
この記事をツイート

この記事の関連情報