【速レポ】<中津川ソーラー>NakamuraEmi、Emiちゃんコールが収まらない

ツイート

気まぐれな曇天模様の空の下、REALIZE STAGEにNakamuraEmiが舞い降りると、直前まで降っていた通り雨がピタッとやんだ。「REALIZE STAGEにお越し下さりどうもありがとうございます、NakamuraEmiです」とごきげんなフローに乗せて挨拶。「Don't」からアクトをスタートさせた。フロアを見渡すと、縦ノリで楽しむ人もいれば、体を横に揺らしている人もいて、シンガーソングライターとラッパーを往来する彼女ならではの空間を作り上げていく。

◆NakamuraEmi 画像


続いてドロップされたのは、女性の心の移ろいを歌う「ばけもの」だ。舞台両翼からNakamuraを支えるふたりのサポート陣、カワムラヒロシ(G)と朝光介(Human Beat Box)はいつにも増してキレキレの様子。特に岐阜県出身のカワムラは、野太い地元の声援を糧にマシンガン・カッティングをぶっ放す。お次は同期シーケンスがムーディな「雨のように泣いてやれ」。この曲でときおり鳴らされるウィンドチャイムは、まるで雲間から覗く太陽のようにキラキラとした音色を奏でていた。




「(佐藤)タイジさんは毎年楽屋にお手紙を届けてくれるんですけど、今年も想いをしっかり受け取りました!太陽のパワーを形にする人間ってものすごいなと、改めて実感するイベントだと思います」というMCを挟み、「スケボーマン」を披露。30代男性が抱く決意の重さを、ドッシリと力強く歌い上げる。今度は「女性として感じることを書いた曲です。ネガティブな自分を慰め、みなさんの毎日に寄り添える言葉がひとつでもあったら」と語る「甘っちょろい私が目に染みて」を、メロディアスに奏でてみせた。


一転、ラストスパートは再びトップギアへ。彼女の人生を変えた竹原ピストルのライブ体験を包み隠さず描いた「痛ぇ」、そのひたむきでイノセントな感動が、オーディエンスの胸をぎゅっと締め付ける。そして間髪入れずアップテンポな「モチベーション」に突入。カワムラヒロシと朝光介のソロ・バトルが白熱するなか、Nakamuraはひたすら笑顔でタンバリンを叩いていた。


ラストは観客のコーラスが響き渡った「YAMABIKO」。ところが曲が終わっても、フロアからは「Emiちゃん!Emiちゃん!…」とコールが収まらない。その叫び声の大きさが、とてつもない満足度を物語っていた。


取材・文◎秋摩竜太郎
撮影◎俵 和彦

【NakamuraEmi セットリスト】

1.Don't
2.ばけもの
3.雨のように泣いてやれ
4.スケボーマン
5.甘っちょろい私が目に染みて
6.痛ぇ
7.モチベーション
8.YAMABIKO

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019>

9月28日(土) 岐阜県 中津川公園内特設ステージ
9月29日(日) 岐阜県 中津川公園内特設ステージ
この記事をツイート

この記事の関連情報