【速レポ】<中津川ソーラー>10-FEET、初日トリ「明日からみんなでブッ飛ばしていこうな!」

ツイート

<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019>の初日、REVOLUTION STAGEの最後を任されたのは10-FEET。おなじみのSEで登場するや、TAKUMAは「調子どう。景気づけに一発」と言いながら、いきなり「RIVER」を叩きつける。ところがそれ、通称「時間がないときのRIVER」だった。一瞬で終わるその曲に、半ば、ズッコケ気味になったオーディエンスをTAKUMAは豪快に笑い飛ばし、今度は「STONE COLD BREAK」でライブはちゃんと始まった。待ってましたとばかりにオーディエンスは一気に身を投じる勢いで、激しく前へ押し寄せていった。

◆10-FEET 画像

ライブやフェスごとに違う表情や攻め方をする10-FEET。しかし今日はのっけから落ち着きがない。もちろん、いい意味で。1曲目の終わり際には「ありがとうございました、10-FEETでした。さよなら」と笑わせるわ、直後に「まだできる人、手を挙げて」と煽るわ、ここから続く選曲もライブで鍛え上げたキラーチューンばっかり。さらにNAOKIはいつも以上の激しいライブ・パフォームを決め続け、KOUICHIのドラミングも勇ましい。TAKUMAは歌う表情にも力がみなぎる。




そうした面を突き付けながら、しかし優しさにも溢れているのが10-FEETだ。「RIVER」では、歌詞を“木曽川”や“中津川”へと変えて歌う。ファンならご存じのように、各ライブ会場でそうしたことはやっているが、それによって地元それぞれの歌にもなり、ライブを観るファン一人ひとりの背中も押してくれる。

「不安になっている仲間がいたり、弱気になっている家族がいたり。不安になっている奥さんがいたり、旦那がいたり、子供がいたり、爺ちゃんばあちゃんがいたりしたときは、俺がついてんでって。モジモジせず、バシッと決めろよ」

MCでは勇気の出る言葉を優しく投げかけるTAKUMAでもあった。そこから続く「シガードッグ」や「蜃気楼」は、即興でみんなへの思いも歌にして、オーディエンスそれぞれの心をさらに震わせる名曲となって中津川に響いていった。




その空気を変えるべく投入されたのがKOUICHI先生のMCタイム。TAKUMAとNAOKIが雰囲気あるフレーズも弾き、MCからいい気分でKOUICHIが歌おうとしたそのときだった。NAOKIがやたらキーの高い素っ頓狂な声で歌い出すという、10-FEETらしいオチ。

こうして大爆笑を巻き起こしながら、ライブは「goes on」から再び激化モードへ突入した。曲やバンドサウンドが激しいだけでなく、「いろいろうまくいってないヤツ、ブッ飛ぼうぜ!」と元気づける。10-FEETは曲のなかでは泣き言だって言うし、弱い心だって見せる。しかしライブとなれば、そこから立ち上がるためのパワーをみんなに注入するように、曲や歌を鳴らす。だからライブが進むごとにオーディエンスの表情はどんどん活き活きしていく。




そしてライブがエンディングに近づいたときだ。終演時刻の21時15分ギリギリまでライブをする、と宣言。予定になかった11曲目「back to the sunset」が始まる前、TAKUMAは叫ぶように話し続けた。

「明日からみんなでブッ飛ばしていこうな! 嫌な思い出、嫌な記憶を、頑張れる理由に変えていけるように祈るしかできへんけども。直接、助けてやれへんけども。オマエが腹立ってる嫌なヤツを、俺らは直接そこに行ってブッ飛ばしてやれへんけども。オマエらが打ち勝てるように、テンション上がるように、おもろいこと言うたり、曲やるしかできへんけども。願ってる、祈ってる。絶対、大丈夫やとは言えへん。先のことは分からんから。切り開いていくのもオマエ。でもその進む勇気、切り開く勇気、行動、一言。オマエがアクション起こせるように、本気で願ってる。過去は変えられへんかっても、その過去の失敗、その意味合いは、これから変えていける」



そのメッセージを、さらに曲を浴びて、内側から湧き上がる熱い気持ちをでっかい歓声にして盛り上がり続けるオーディエンス。これで終われば感動的だったが、あと3分まだあるからと、ラストに10-FEETが決めたのは「時間がないときのRIVER」だった。なにからなにまで10-FEET、最高だ。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎上山陽介 / 平野大輔

【10-FEET セットリスト】

〜時間がないときのRIVER〜
01. STONE COLD BREAK
02. VIBES BY VIBES
03. RIVER
04. シガードッグ
05. 蜃気楼
06. goes on
07. ハローフィクサー
08. その向こうへ
09. 1sec.
10. ヒトリセカイ
11. back to the sunset
〜時間がないときのRIVER〜

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019>

9月28日(土) 岐阜県 中津川公園内特設ステージ
9月29日(日) 岐阜県 中津川公園内特設ステージ
この記事をツイート

この記事の関連情報