【速レポ】<中津川ソーラー>TRI4TH、“ダンサブル”だけでは語れない刺激とエネルギー

ツイート

ステージに登場すると、まずは手を重ね、気合いと気持ちをひとつにした5人。その直後から藤田淳之介がサックス(Sax)の太い音をぶっぱなし、伊藤隆郎(Dr)がリズムを刻みながら、コーラスを叫び続ける。関谷友貴(B)はウッドベースをぶん回しながら音でも攻める。そしてキメと同時に加わったのは織田祐亮(Tp)のトランペットと、竹内大輔(Pf)の激しいピアノフレーズ。2年ぶりに<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>にTRI4THがカムバックした。

◆TRI4TH 画像

自ら“踊れるジャズバンド”と名乗っている彼らだが、ダンサブルなんて形容で済まされるほど小洒落たものではない。血が騒ぐぐらい刺激的で、エネルギーがほとばしる音と曲だ。1曲目「Maximum Shout」は、“ヘイホー、レッツ・ゴー!”とラモーンズの「Blitzkrieg Bop」のような叫びコーラスもフィーチャリング。客席エリア後方にいた小さい子供も、伊藤の叫び声に煽られて、腕を上げながら一緒に叫んじゃっている。客席エリア全体からオーディエンスのステップで土ぼこりも舞い上がっている。それでも「まだまだ踊れるか!」と煽り続けながら演奏を決めるTRI4TH。



3曲目には東京スカパラダイスオーケストラの「MONSTER ROCK」を躍動的に決め、続く「Guns of Saxophone」ではメンバーそれぞれのソロパートもフィーチャーしながら見せ場や聴かせ場も作る。その間もハンドクラップや激しいステップ、歓声などが止むことがない。恐らく熱狂的なファンばかりが集まっているんだろう。……ところがそうでもなかった。




伊藤が「初めて観る人どれぐらいいます?」と聞くと、集まったオーディエンスの半分近くがTRI4TH初体験者と判明。それなのにこの盛り上がり。TRI4THの曲と音、そしてライブ・パフォームが、みんなの気持ちを完全に虜にしたという確かな証拠だ。伊藤も「おいおい、なんで今まで来なかったんだよ!」と言うが、ライブの確かな手ごたえにちょっと嬉しそうでもあった。



ライブ後半はランシドのカバー「Time Bomb」なども織り交ぜながら、ガンガンに躍らせていく。キャッチーなメロディやフレーズが次から次へと出てくるアレンジも楽しい。それに加えて、見た目はコワモテだがサングラスをはずせば愛嬌ある織田がモンキー・ダンスも。身も心もわし掴みにしたまんま、TRI4THはエンディングまで突き進んだ。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎俵 和彦

【TRI4TH セットリスト】

1. Maximum Shout
2. Shot the Ghost
3. MONSTER ROCK
4. Guns of Saxophone
5. Stompin‘ Boogie
6. Time Bomb
7. Sing Along Tonight
8. FULL DRIVE

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019>

9月28日(土) 岐阜県 中津川公園内特設ステージ
9月29日(日) 岐阜県 中津川公園内特設ステージ
この記事をツイート

この記事の関連情報