【速レポ】<中津川ソーラー>a flood of circle、「ここはまだゴールじゃない」

ツイート

この<中津川ソーラー>において、複数のステージに登場するミュージシャンはそれなりにいるが、こと今年においては最多出演なのがa flood of circleのフロントマン、佐々木亮介(Vo、G)だ。初日に1ステージ、2日目は3ステージという、八面六臂の大活躍。だからこそ、自身のバンドがコケてしまったらシャレにならない。だが、そんなことは杞憂に終わせるのがロックンローラーたる所以なのだと知らしめたのだ。

◆a flood of circle 画像

「おはようございます、a flood of circleです」という佐々木の咆哮から、まずは「Summertime Blues II」を大きく鳴らす。佐々木のポエトリーラップで遠慮なしにえぐり、言葉と音をぶちこんでいく。渡邊一丘(Dr)はおもいっきりシンバルをぶっ叩き、アオキテツ(G)は暴れまわりながらギターをかき鳴らし、HISAYO(B)は大きなうねりを生み出していく。“わかりやすく” “取っ掛かりになるように”といった緩和案は逃避だと突きつけられたようなスタート。ロックならではのヒリヒリ感がたまらない。



 佐々木が「ロックンロールをぶち込むぞ!」と大声を上げて「The Beautiful Monkeys」と「Dancing Zombiez」をみなぎる生命力で連投。ここぞというポイントで「テツ!」と佐々木が叫び、アオキが鉄砲玉スタイルでオーディエンスを撃ち抜くフレーズを放つ姿も気持ちがいい。そして、「中津川にいるみなさんのスーパーハッピーな人生を祝して」とアオキテツが作詞・作曲した新曲「Lucky Lucky」をプレイ。そのタイトル通り、それぞれの人生を全力で良しとするゴキゲンすぎるノリだからか、新曲にも関わらず、どんどんオーディエンスも惹きつけられ、熱気も高まっていく。



だが、そんなもんじゃ満足しないのがロックバンドの性なのだろう。まだまだ足りないと、もはやバカ騒ぎ以外の選択肢がない「ハイテンションソング」を叩きつける。そこら中にいる全員で”ハイテンションソング”と叫ぶ光景は、クールな印象があるHISAYOから笑みがこぼれるほど、とにかく痛快だった。そんな余韻を残しながら、彼らのアンセムのひとつで、未来へ必死に手を伸ばす「シーガル」へつなげ、ラストには「Center Of The Earth」。40分とは思えないほど、濃密な時間だった。



ライヴ終盤、佐々木がギターを鳴らしながらフリースタイルで「つなげて、まだまだいこう」、「ここはまだゴールじゃない」と<中津川ソーラー>への想いを口にし、「ここに来ると毎年思います。まだまだいけそうだ、って」と自身の感触についても語っていたが、その言葉通り、彼らのてっぺんはまだまだ先だと確信できるライヴだった。

取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎柴田恵理

【a flood of circle セットリスト】

01. Summertime Blues II
02. The Beautiful Monkeys
03. Dancing Zombiez
04. Black Eye Blues
05. Lucky Lucky
06. ハイテンションソング
07. シーガル
08. Center Of The Earth

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019>

9月28日(土) 岐阜県 中津川公園内特設ステージ
9月29日(日) 岐阜県 中津川公園内特設ステージ
この記事をツイート

この記事の関連情報