【速レポ】<中津川ソーラー>Char、思う存分に楽しませた中津川スペシャル・セッション

ツイート

RESPECTステージの大トリを締めくくるのは、まさにリスペクトされるギタリスト=Char。なんのSEもなく、ふらりとステージに現れたCharは、白いジャケットにジーンズ姿。相変わらずスリムだが、貫禄あるオーラを放っている。手にしたムスタングをカッティングしながら「ヘヘーイ、ヘイ!」と早速、コール&レスポンスを起こし始めた。澤田浩史のベース、古田たかしのリズムも加わり、ジャム・セッションからそのまま突入したのは「Pain」だ。Charのセクシーな歌と、グルーヴしたリフやファンキーなカッティング。立ち姿だけで華のあるミュージシャンだが、実力の凄さも見せつけていく。

◆Char 画像


曲が「B・Y」「Drive Me Nuts」と続くなかで、ピッキングで自由自在にギター・サウンドもコントロールしながら、ロック・ギターのカッコよさを炸裂させたソロ・フレーズも弾きまくる。またロックはもちろん、ファンク、ブルースなどが織り交ざった曲そのものも、ヨダレもののカッコよさ。リアルタイム世代はもちろん、若い世代もCharのギター・プレイにかぶりつきながら、サウンドや曲に酔いしれていった。




「スーダラ節」では、Charの歌う“すいすい”に対して、盛り上がったオーディエンスは“スーダラ、ダッタ”と返すから、Charも楽しくなって、脱力ダンスを始めるという展開。やったはいいが、オーディエンスはダンスまでやらなかったから「こっちも恥ずかしいんだから、お前らもやれよ。後ろのほう、ボーッとしてんじゃねえぞ」と言い放つ。佐藤タイジが華純連なら、Charは脱力ダンス連合だ。妙な一体感も生まれて、さらに楽しく盛り上がるステージに、Charも親指を立てて「最高!」と笑う。


そこからJohnny, Louis & Char時代のナンバーを立て続けに2曲。ロックもブルースもファンクも飲み込んだそれらは、何年経っても鮮烈だ。セッション性も活きたアレンジは、トリオ編成の魅力を改めて感じさせてもくれた。

「中津川のコンサート、大好きです。佐藤タイジ君が始めたこのライブ、これだけしっかり続けていて、本当に素晴らしいと思います」

佐藤タイジへのリスペクトをこめた話に続いて、Charがゲストを呼び込んだ。コーラスと歌で福原美穂、ギターにRei、そして呼ばれてもいないのに佐藤タイジ。Charも「呼びたくねぇけど、来たぜ」と笑う。トリプル・ギター編成で聴かせるのは「Shinin' You Shinin' Day」。心地よいミッド・グルーヴのナンバーだが、もちろん中盤にはギタリスト3人のソロ回しも。Reiが若き世代らしいスリリングかつメロディアスなフレーズを決めれば、佐藤タイジはビブラートを掛けたサイケデリックなフレーズ。御大のCharはメロウなフレーズで酔わせた。


さらに続くのはCharの人気ナンバーのひとつ「Smoky」。佐藤タイジも大好物の曲なんだろう。ソロ回しを弾いているうちに熱狂的になり、それに煽られ、ReiもCharも負けじと弾きまくる。しかし、ハッと気づいたのはChar。「オマエらよ、猫のケンカじゃねぇんだから。オマエも、あんなかわいい子を相手に本気になってどうすんだ」と佐藤タイジに忠告。それに対して「ニャー」と答える佐藤タイジ。いいコンビネーションでもある。







こうしてギター・プレイでも、やり取りでも、思う存分に楽しませた中津川ならではのスペシャル・セッション。佐藤タイジが改めて紹介するように「Char! レジェンド!」と言えば、Charは「うるさいっての。どうも、お邪魔しました」と大人の対応。それでも最後は互いにがっちり握手とハグをする二人。大きな歓声と拍手が彼らを包み込んだ。



取材・文◎長谷川幸信
撮影◎古川喜隆 / 木村泰之

【Char セットリスト】

1. Pain
2. B・Y
3. Drive Me Nuts
4. スーダラ節
5. Finger
6. 籠の鳥
7. Shinin' You Shinin' Day w/佐藤タイジ、福原美穂、Rei
8. Smoky

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019>

9月28日(土) 岐阜県 中津川公園内特設ステージ
9月29日(日) 岐阜県 中津川公園内特設ステージ
この記事をツイート

この記事の関連情報