【速レポ】<中津川ソーラー>金子ノブアキ、コンテンポラリーアートのような想像力を掻き立てられるエネルギー

ツイート

ソロとしては初めて<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>のステージに立つ、金子ノブアキ。マニピュレーター・草間敬、ギター・PABLO、そしてドラムに金子という編成は、ソロ作品やライブでもおなじみの布陣だ。

◆金子ノブアキ 画像

上手側にギター、その奥にマニピュレーター、下手側にドラムという配置のステージだが、金子ノブアキのライブではこのドラムが、ピアノのコンサートのような感じで設置されている。わずかに背を丸めてドラムをプレイしている時などは、本当に厳かに鍵盤にでも向かっているようなシルエットで、息を飲んで見てしまう感じだ。


荘厳なSEが流れるなか登場した金子は、拳を上げ、その拳で胸を叩き歓声に応える。ステージのスモークが濃くなり、その霧の向こうからピアノやデジタルサウンドの音響が響き、ライブは2009年の1stアルバム『オルカ』に収録された「オルカ」でスタートした。エレガントなエレクトロ音響やポリフォニックなコーラスが美しいサウンドに、生身のエモーショナルなドラムとギターで生命力を与えていくようで、徐々にアグレッシヴになっていくドラミングに観客は圧倒される。




「LOBO」では、インダストリアル的なノイズにPABLOがニュアンスのあるギターを奏で、ドラミングで曲に鮮やかな彩りやストーリーを紡ぐ。メロウな「The Sun」や詩的でメロディアスな「Take me home」もまた、さまざまな表情を持ったドラムで曲の景色を360度に広げ、観客をサウンド世界の中に飛び込ませる感覚だ。観客は熱を帯びるプレイを食い入るように見つめ、音にゆらりと揺れながら、音の向こうに見える景色に想いを馳せる。このREALIZE STAGEはそんな空間になっている。

変則的なビートとピアノやエレクトロサウンド、ギターが奏でる音とが絡み合って、ポリリズムを生む「Weather and Seasons」もまた、美しく想像・創造的だ。RIZEやAA=といったバンドでプレイするドラマー・金子ノブアキのイメージは、ラウドでアグレッシヴなサウンドの要として強力なエンジンのような感じだろうか。このソロのパーソナルな音楽の世界は、アグレッシヴさはもちろんあるけれども、もっと表現の幅を感じさせるものだ。アンビエントな曲も多く、あるいは多彩な音楽が融合した実験的な作品や、独自に進化を遂げた先鋭的な曲も多い。単に“ドラム”を魅せるものでなく、音楽の可能性を追求している感覚だ。このライブではMCもなし、3人ともにストイックな黒の衣装でパフォーマンスしていて、コンテンポラリーアートを見ているようでもある。フェスに求められる一体感であったり、みんなで歌い踊る多幸感、その場だからこそ起こるマジカル体験とは少しちがうが、次に何が起こるのかというワクワクや、想像力を掻き立てられるエネルギーがある。



さらにその感覚が強くなったのは、終盤の2曲だ。ウェスタン的なギターの音色とモダンなビートが絡み合いながら、気づけば途方もない場所までたどり着いている「Sad Horse」、そして思いがひとつとなりまばゆいほどの高揚感がある「Historia」では、雄叫びをあげながら、次元をも超えた旅を味わう。




言葉を発したのは「どうもありがとうございました」という一言ではあったが、アーティストである彼の本質に触れるステージに、観客は惜しみない拍手を贈った。


取材・文◎吉羽さおり
撮影◎俵 和彦

【金子ノブアキ セットリスト】

01. オルカ
02. LOBO
03. The Sun
04. Take me home
05. Weather and Seasons
06. Sad Horses
07. Historia

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019>

9月28日(土) 岐阜県 中津川公園内特設ステージ
9月29日(日) 岐阜県 中津川公園内特設ステージ
この記事をツイート

この記事の関連情報