ロッド・スチュワート&ジェフ・ベック、笑顔で共演

ツイート

ロッド・スチュワートとジェフ・ベックが、9月27日に米ロサンゼルス、ハリウッド・ボウルで開かれたロッドの公演で約10年ぶりの共演を果たした。

◆公演の様子

このスペシャル・パフォーマンスは4月に「ロッド・スチュワート ft. ジェフ・ベックとの画期的なリユニオン・セット 2レジェンズ・ワンナイト ヒッツ+レアな初期の名曲」と告知されていた。

『Ultimate Classic Rock』によると、ベックはアンコールで登場し、2人は「Blues Deluxe」「I Ain't Superstitious」「People Get Ready」「Rock My Plimsoul」「Morning Dew」の5曲を一緒にプレイしたという(*Setlist.fmは、「I Ain't Superstitious」「Morning Dew」「People Get Ready」「Rock My Plimsoul」「Blues Deluxe」の順で伝えている)。

ロッドの奥さんは、「2人の巨匠がロッキング」と、その映像をインスタグラムで公開。2人には笑顔が見られた。オーディエンスがネットに投稿したほかのビデオでは、ロッドがベックの演奏に酔いしれる姿もあった。



2人の共演は2009年、ベックがロサンゼルスで開いた公演にロッドがサプライズ出演し「People Get Ready」を歌って以来だと言われている。

ロッドは11月、「Maggie May」「Sailing」「Tonight’s The Night (Gonna Be Alright)」など彼の名曲をロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団と新アレンジメントでパフォーマンスしたアルバム『YOU’RE IN MY HEART: ROD STEWART WITH THE ROYAL PHILHARMONIC ORCHESTRA』をリリースする。





Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報