クリス・コーネルの妻、ドキュメンタリー映画のキャスティングは「フェイク・ニュース」

ツイート

先日、インターネット・ムービー・データベース(IMDb)に故クリス・コーネルの新ドキュメンタリーに出演する俳優らの名前が掲載されたが、コーネルの妻ヴィッキーさんによると、リストは偽物だという。

◆クリス・コーネル画像

ヴィッキーさんは、このニュースが流れると「これは完全に捏造」とつぶやいた。「これは、フェイク・ページ - 偽物を作るほど時間を持て余している荒らしやヘイターによる悪ふざけよ。振り回されたファンの人たち、ごめんなさい。#fakenews #fakefans #pathetic #seekhelp」



ヴィッキーさんによると、コーネルが亡くなってからこの2年、フェイク・ニュース、彼女のなりすまし、子供たちへの嫌がらせなどが続いているという。

IMDbは、すでにキャスティングのリストを削除している。捏造されたというリストにはクリス・コーネル役にLauchlin MacDonald、コーネルの妻にロバート・デ・ニーロの娘Drena、アクセル・ローズにMicah Fitzgerald、キム・セイルにSandeep、ブラッド・ウィットフォードにChris Declercqらの名前が記載され、『Like A Stone』とのタイトルで2021年公開予定とあった。

コーネルのドキュメンタリーについては、今年2月、ブラッド・ピットとヴィッキーさんがプロデューサーで制作されると伝えられた。これ自体が虚構なのかは定かではない。IMDbは、キャスティング・リストは消したが、『Like A Stone』のページは残している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報