中村月子の歌声で醸した日本酒、丁子紅子作画のラベルで発売

ツイート

中村月子の曲を聴かせて醸され、日本画家・丁子紅子がラベルを作画した日本酒「水鳥記 -紅月-」が発売される。

◆中村月子&丁子紅子 写真

同商品は宮城県気仙沼市の老舗酒蔵“角星”が、丁子紅子と中村月子によるコラボユニット“紅月”とタッグを組んで開発しものだ。今回のために書き下ろされた中村月子による「水鳥記」イメージソングは、商品ラベル裏側のQRコードから無料試聴ができる。

9月29日(日)には気仙沼市の角星両国製造場にて、「水鳥記 -紅月-」の発売記念プレイベントが開催された。同イベントのライブコーナーでは、中村月子が「水鳥記」イメージソングを初披露。丁子紅子は弾き語りをする中村の後方でライブペインティングを行い、貯蔵タンクに不死鳥を描いた。



■「水鳥記 -紅月-」

限定商品
容量:720ml
価格:2,500円(税抜)

▼購入方法
2019年11月15日(金)~ クラウドファンド申込者(先行受付分)の商品発送
※9月12日(木)~ クラウドファンド(Makuake)による先行受付スタート

2019年11月23日(土)~ 東京・下北沢におけるイベントにて限定発売(3日間限定)

2019年12月1日(日)~ 角星直売所(宮城県気仙沼市)における限定発売
※クラウドファンドで売切の場合、直売所での販売が行われない可能性があります

関連URL:
角星ホームページ:http://kakuboshi.co.jp/
クラウドファンドページ:https://www.makuake.com/project/kakuboshi/

■ミニアルバム『真珠』

2019年4月24日(水)リリース
全5曲収録/¥1,500(税抜)
1.マレゴト
2.トメテ
3.髪先15センチ
4.君だけ
5.Lover

この記事をツイート

この記事の関連情報