【ライブレポート】<DIVE XR FESTIVAL>“特異空間”で開催される日本初のバーチャル音楽フェス

ツイート

日本初のバーチャルアーティストらによる音楽フェス<DIVE XR FESTIVAL supported by SoftBank>が、9月22日(日)および23日(月・祝)、千葉・幕張メッセにて開催された。

◆<DIVE XR FESTIVAL>写真

<DIVE XR FESTIVAL>は、空想・仮想・現実が入り混じった“特異空間”で開催される、アニメ・ゲームのキャラクターやバーチャル・シンガー、VTuberや新時代のアイドル、AIらが一堂に会する“クロスオーバー型”ミュージックフェスだ。同イベントのライブレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

■1日目(9月22日(日))

初日の22日(日)は開場から開演までの時間、オーディオビジュアル表現の異種交配実験を続けるクリエイティブ集団BRDGと“ボカロ界の貴公子”八王子Pがコラボレーションした“A/Vパフォーマンス(オーディオヴィジュアル・パフォーマンス)”が生披露された。


カウントダウン後、幕が開いたステージにトップバッターとして登場したのは初音ミク。バンド生演奏とともに「テオ」「砂の惑星」などを歌い、圧倒的なパフォーマンスで観客を魅了した。


ゲームアプリ『モンスターストライク』発のデビルズ・パンク・インフェルノはロックなサウンドを響かせ、ステージに立つのは今回が初めてだというWHITEHOLEは、しかし堂に入ったパフォーマンスで魅せる。波羅ノ鬼は「余命宣告」、EMMA HAZY MINAMIは「haze」、花譜は「不可解」「エリカ」を歌いあげた。






VTuberの富士葵は「エールアンドエール」「小さきもの」を披露。日本マイクロソフトが提供する元女子高生AI・りんなは、初音ミクの楽曲「惑星ループ(ときどき無垢ver.)」をカバーし、ユーザーのコメントから感情をテーマに作詞したアレンジバージョンで歌唱。アズマリムは「人類みなセンパイ!」、MonsterZ MATEは「Live your life!!」と「千年愛」、かしこまりは「ココロロボット」と自身初のオリジナル楽曲「ルーティン」で楽しませた。YuNiは「透明声彩」と「ジレンマ」の2曲を披露した。







ラストスパートに向け、ARダンス&ボーカルグループのARPが登場すると、黄色い歓声が湧き上がる。「夜公演は昼公演を上回るほどのパワーをくれますか!!」と、2020年1月に放送を控えるテレビアニメ『ARP Backstage Pass』テーマソング「Burn it up」を披露。KENZO(DA PUMP)振り付けによるダンスを観客にレクチャーし、客席一体となって踊り、イベントを大いに盛り上げた。


avex×NAKEDによるAIアーティストHUMANOID DJは来場者の表情を解析し、その結果をDJプレイに反映するというパフォーマンスを披露。中国で圧倒的な人気を誇るバーチャル・シンガーで、初来日の洛天依(ルォ・テンイ)は、バンド生演奏とともに「66CCFF」「極楽浄土」など4曲を歌った。



洛天依がステージを終えると、なんと2年前の2017年へとタイムスリップ。行き先は『あんさんぶるスターズ!』に登場するユニットたちが、初となるツアー<あんスタ!DREAM LIVE~1st Tour“Morning Star!”~>を開催した10月28日。Trickstar、UNDEAD、Knightsの3組が登場し、「HEART→BEATER!!!!」(Trickstar)、「Voice of Sword」(UNDEAD)、「Melody in the Dark」(Knights)など全6曲を熱唱した。




DAY1のラストアクトは、世界でも活躍するバーチャルタレントのKizuna AI(キズナアイ)。イメージカラーのピンク色に染まった会場で「future base」「melty world」を立て続けに歌唱し、会場の熱気に「最初から盛り上がりがガンガン伝わっています!」と大喜び。続いて「今という瞬間を楽しむ元気残ってますよね?」と呼びかけたKizuna AIは、テレビアニメ『バーチャルさんはみている』前半オープニング主題歌「AIAIAI」、「The Light」、そして最後に「Sky High」を披露。興奮冷めやらぬ会場にはデジタルな花火が打ち上がり、DAY1の幕を飾った。



写真◎(C)DXF実行委員会

■<DIVE XR FESTIVAL supported by SoftBank>DAY1 セットリスト

2019年9月22日(日)千葉・幕張メッセ

01.テオ(初音ミク)
02.Satisfaction(初音ミク)
03.砂の惑星(初音ミク)
04.ワールドイズマイン(初音ミク)
05.Tell Your World(初音ミク)
06.絶望ドライヴ(デビルズ・パンク・インフェルノ)
07.White Hole(WHITEHOLE)
08.余命宣告(波羅ノ鬼)
09.haze(EMMA HAZY MINAMI)
10.不可解(花譜)
11.エリカ(花譜)
12.エールアンドエール(富士葵)
13.小さきもの(富士葵)
14.最高新記憶(AIりんな)
15.惑星ループ(ときどき無垢ver.)(AIりんな)
16.人類みなセンパイ!(アズマリム)
17.Live your life!!(MonsterZ MATE)
18.千年愛(MonsterZ MATE)
19.ココロロボット(かしこまり)
20.ルーティン(かしこまり)
21.透明声彩(YuNi)
22.ジレンマ(YuNi)
23.Paradise(ARP)
24.Burn it up(ARP)
25.(DJ、VJ)(HUMANOID DJ)
26.66CCFF(洛天依(ルォ・テンイ))
27.千年食譜頌(千年レシピ)(洛天依(ルォ・テンイ))
28.T.A.O(洛天依(ルォ・テンイ))
29.極楽浄土(洛天依(ルォ・テンイ))
30.HEART→BEATER!!!!(あんさんぶるスターズ!/Trickstar)
31.Rebellion star(あんさんぶるスターズ!/Trickstar)
32.Voice of Sword(あんさんぶるスターズ!/Knights)
33.Silent Oath(あんさんぶるスターズ!/Knights)
34.Melody in the Dark(あんさんぶるスターズ!/UNDEAD)
35.Darkness 4(あんさんぶるスターズ!/UNDEAD)
36.future base(Kizuna AI(キズナアイ))
37.melty world(Kizuna AI(キズナアイ))
38.AIAIAI(Kizuna AI(キズナアイ))
39.The Light(Kizuna AI(キズナアイ))
40.Sky High(Kizuna AI(キズナアイ))

◆ライブレポート(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報