奥華子、15周年記念『奥華子 ALL TIME BEST』オフィシャルインタビューが到着

ツイート

11月13日にリリースされる奥華子のベストアルバム『奥華子 ALL TIME BEST』のオフィシャルインタビューが到着した。

▲『奥華子 ALL TIME BEST』完全限定生産15th Anniversary 875BOX

恋愛の切なさ、悲しさ、温かさを叙情豊かに描く、“ラブソングの名手”として幅広いリスナーの支持を得ているシンガーソングライター、奥華子。デビュー15周年を迎えた彼女が、ベストアルバム『奥華子 ALL TIME BEST』をリリースする。「これまでの活動に一区切りをつけるべく、15周年の集大成としてベストアルバムを作りたい」という思いで制作された本作は、「花-HANA」「空-SORA」「月-TSUKI」と題されたCD3枚組。全44曲が収録され、15年の軌跡が刻まれた作品となっている。

「“シングル、タイアップソングだから”ではなくて、自分が残したい楽曲をピックアップしました。曲調やテーマ、“歌詞のこの部分が好き”“アレンジがいい”など、視点はいろいろですね。大切な曲ばかりなので、選ぶのは本当に大変だったんですけど、奥華子らしさが満遍なく出ている選曲になったと思います」

「花-HANA」のテーマは“儚いからこそ愛おしいもの”。2005年のデビュー曲「やさしい花」、シングル「ガラスの花」「冬花火」など、花をモチーフにした楽曲が中心だ。

「時間や人の気持ちもそうですけど、変わらないものは何もない。でも、だからこそ“この一瞬を生きよう”と思えるじゃないかなって。それを象徴するものが、私にとっては“花”なんだと思います。ベストのMV集DISC(スペシャル盤、完全限定生産「15th Anniversary 875BOX」)に入ってる『キミの花』もそうなんですけど、実際に“花”が付く曲も多いんですよ。デビュー曲の『やさしい花』は、“自分のためにはがんばれなくても、誰かのためだったらがんばれる”ということを歌っています。路上ライブの頃から応援してくれて、支えてくれた人たちのためにもがんばろうって。私にとっては道しるべのような曲ですね」

「花-HANA」には、映画『殺さない彼と死なない彼女』の主題歌として制作された新曲「はなびら」も収録。美しさと憂いを併せ持ったメロディ、繊細なピアノを軸にしたアレンジ、“儚き 愛しい日々”を映し出す歌詞がひとつになったバラードナンバーだ。また、映画の劇伴も彼女が担当。ベストアルバムと同時に映画『殺さない彼と死なない彼女』サウンドトラックもリリースされる。


▲映画『殺さない彼と死なない彼女』オリジナル・サウンドトラック

「もともと原作のファンだったし、主題歌のお話をいただいときはすごく嬉しかったです。孤独を抱えた人が、大切な人との出会いによって人生が変わり、生きる意味を見つけるというストーリーは、自分が作ってきた歌の世界にすごく合うなと思っていて。作品から感じた切なさ、儚さを表現しつつ、映画を観た人が前向きな気持ちになれることを意識して制作しました。劇伴を作らせてもらうのは初めてで、良い経験になりましたね。セリフに対して伴奏を付けるように作ったので、弾き語りでやってきたことが活かされたのかなと思います。」

「空-SORA」には、アニメ映画『時をかける少女』主題歌に起用された代表曲「ガーネット」のほか、シングル「笑って笑って」「シンデレラ」などが収められている。テーマは“いつでもそこにあるもの”だ。

「“いつでもそこにあるもの”を象徴しているのが、“空”なんですよね。恋人と別れたとしても、遠距離恋愛でも、大切な人がいなくなったとしても、いつも心にその人がいる——そういうテーマの曲も多いんですよね。『ガーネット』もそう。私にとってはいちばんの代表曲だし、この曲がなかったら、いままで活動できてなかったかもと思うくらい大事な曲です。『ガーネット』をきっかけにしてファンになってくれた方も多いし、ライブでも必ず歌いますね」

さらにインディーズ時代から歌い続けてきた「自由のカメ」の新録バージョンも収録。他者との関係に悩み、自分に確信が持てない状況と向き合いつつも、歌を歌えることの自由を楽しもうとする姿を描いた楽曲となっている。

「『自由のカメ』を書いたのは20歳くらいの頃なんですけど、当時は人に対する不信感が大きかったのかなって(笑)。でも、この歌詞のテーマはいまの自分にもしっくり来くるんですよね。いまだったらここまで素直に書けないし、再録できてよかったです。レコーディングは奥華子の音楽を支えてくれたミュージシャンのみなさんと一発録り。楽しかったですね」

そして「月-TUSUKI」のコンセプトは、“闇があるからこそ見えるもの”。「あなたに好きと言われたい」「楔-くさび-」などの哀切な感情を描いたバラードナンバーは、まさに奥華子の真骨頂。

「失恋すると悲しいし、つらいけど、そういう状況だからこそ見えるもの、感じられるものがあると思うんですよ。そういう意味では、じつは前向きなテーマなのかも。こういう曲調の曲は多いし、いちばん奥華子らしいかもしれないですね。『白い足跡』『曖昧な唇』など、ライブでもあまり歌わない、マニアックな曲も入ってます。久しぶりに聴き直して、いいなと思ったので」

本作『奥華子 ALL TIME BEST』の中心にあるのはもちろん、恋愛ソングだ。恋愛のなかで生まれる感情を繊細に描いた彼女のラブソングは、切なさ、悲しさ、寂しさ、そして愛おしさをたっぷり含みながら、普遍的な歌へと結びつける——これこそが、シンガーソングライター・奥華子の本質なのだと思う。

「恋愛と生きることはイコールなんです、私にとっては。恋愛をすると、その人の本質が見えると思っているので。もちろん辛いこともあるけど、ムダなことはひとつもないんですよね。それはただ(恋愛をテーマにした)曲を書くだけではなくて、過去の経験がいまの自分を作っているので」

もう一つ強調したおきたいのが、彼女の一貫した音楽性だ。情感に溢れたメロディライン、言葉を丁寧に紡ぎ出すボーカル、ピアノ、キーボードを中心としたアレンジ。その根底にあるのは、“しっかり歌を届けたい”という思いだ。

「確かにずっと同じことをやってるなって思いますね(笑)。デビューの頃の曲を聴くと”声が若いな”と思うけど、違和感はないし、曲調も変わらないので。ライブで使ってるキーボード(KAWAI SPECTRA KC10)も路上ライブの頃と同じなんですよ。メガネと同じで、キーボードを変えると奥華子のイメージが違っちゃう気がして。一時期、黒いメガネにしたり、スカートを履いてみたり、ポップな曲を意識したこともあったんですけど、しっくり来なかったんです。その頃に“素直に表現して、それを好きになってくれる人たちを大切にしよう”と改めて思ったんですよね」

「15年を振り返ってみると、1曲1曲、妥協せずに作ってきたし、“がんばってきたな”と思いますね」と笑顔で語る奥華子。15周年を飾る「奥華子ALL TIME BEST」によって彼女のラブソングの素晴らしさは、さらに多くのリスナーに伝わることになるだろう。

取材・文◎森朋之

   ◆   ◆   ◆

『奥華子 ALL TIME BEST』の特設サイトでもオフィシャルインタビューが掲載されている。

▲『奥華子 ALL TIME BEST』スペシャル盤

▲『奥華子 ALL TIME BEST』通常盤

■『奥華子 ALL TIME BEST』

2019年11月13日(水)発売

■通常盤
3CD
PCCA-04828/3,500円+税
■スペシャル盤 
・3CD
・Blu-ray【MV集、他オフショット映像等収録予定】
・特製スリーブ仕様
PCCA.04827/4,900円+税
■完全限定生産15th Anniversary 875BOX
・3CD
・Blu-ray【MV集、他オフショット映像等収録予定】
・スペシャルフォトブック
・オリジナルマルチスタンド
・15周年記念奥華子バンダナ
PCCA.04864/8,750円+税

■CD収録内容
『花-HANA』
01.はなびら(新曲)
02.プロポーズ
03.初恋
04.365日の花束
05.年上の彼
06.冬花火
07.桜並木
08.スターチス
09.恋つぼみ
10.二人記念日
11.ガラスの花
12.恋
13.ロスタイム
14.やさしい花

『空-SORA』
01.シンデレラ
02.ガーネット
03.愛という宝物
04.笑って笑って
05.10年
06.道
07.魔法の人
08.一番星
09.逢いたいときに逢えない
10.灯
11.帰っておいで
12.Happydays
13.遥か遠くに
14.足跡
15.自由のカメ

『月-TSUKI』
01.あなたに好きと言われたい
02.透明傘
03.泡沫
04.Rainyday
05.変わらないもの
06.窓辺
07.ピリオド
08.愛してた
09.楔
10.青い部屋
11.トランプ
12.白い足跡
13.曖昧な唇
14.恋の果て
15.迷路

■『MV集』収録曲
01.魔法の人
02.小さな星
03.ガーネット
04.手紙
05.初恋
06.シンデレラ
07.冬花火
08.楔
09.花火
10.君がくれた夏
11.キミの花
12.最後のキス
13.思い出になれ
14.鞄の中のヤキモチ

先着店舗購入者特典(全形態対象)
《一般店》
<奥華子デザイン缶バッジ>
《Amazon》
<デカジャケット>
※完全限定生産15th Anniversary 875BOXにはスペシャル盤&通常盤のデカジャケット各1枚
※スペシャル盤と通常盤はそれぞれのデカジャケット

■映画『殺さない彼と死なない彼女』オリジナル・サウンドトラック
11月13日(水)発売
PCCR-00689/2,000円+税

◇原作・世紀末書き下ろしイラストビジュアル仕様
◇収録楽曲 
・はなびら(Movie Ver.)
他、全23曲収録予定

先着店舗購入特典
《一般店》
<映画『殺さない彼と死なない彼女』オリジナルポストカード>
《Amazon》
<デカジャケット>

ベストアルバム/サウンドトラック 先着店舗購入者特典について
※各店舗でご用意している特典数量には限りがございますので、お早目のご予約をおすすめいたします。
※各種イベント・コンサート会場でのご予約購入は対象外となります。
※特典は数に限りがございますので、発売前でも特典プレゼントを終了する可能性がございます。
ただし、一部取り扱いの無い店舗やウェブサイトがございます。ご予約・ご購入の際には、各店舗の
店頭または各サイトの告知にて、特典の有無をご確認ください。
※一部お取り扱いのない店舗/オンラインサイトもございます。店舗へご確認のうえご予約ください。
※特典は無くなり次第の終了となります。あらかじめご了承ください。

■『奥華子 ALL TIME BEST』+映画『殺さない彼と死なない彼女』オリジナル・サウンドトラック連動特典

ポニーキャニオンショッピングクラブで対象商品を同時購入したお客様に豪華特典をプレゼント!
さらに、Wチャンスで、10月20日までの早期予約抽選特典として奥華子と本作の監督・小林啓一のトークショー付き試写会に抽選で100名様をご招待いたします。

同時購入特典:チロ華子15周年デザインアクリルキーホルダー
※11月12日(火)PM23:59までご予約いただいた方には必ず特典がつきます。それ以降はなくなり次第終了となります。

早期予約抽選特典:
ここでしか聞けない音楽制作裏話を語り尽くす!
奥華子+小林啓一監督トークショー付き
映画『殺さない彼と死なない彼女』試写会  
100名様をご招待

日時:11月12日(火) 18時開場 18時30分上映開始 (本編123分)
           (終了予定 21時10分頃を予定)
場所:都内某所

予約応募締め切り:10月20日(日)PM23:59まで
当選発表:10月31日(木)より順次

連動特典特設サイト:https://ps.ponycanyon.co.jp/okuhanako/best

■映画『殺さない彼と死なない彼女』

11月15日(金)新宿バルト9ほか全国ロードショー
【出演】
間宮祥太朗 桜井日奈子
恒松祐里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう
金子大地 中尾暢樹/佐藤玲 佐津川愛美/森口瑤子

監督・脚本:小林啓一
原作:世紀末『殺さない彼と死なない彼女』(KADOKAWA刊)
音楽:奥 華子/主題歌:「はなびら」 奥 華子

関連リンク
◆奥華子オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報