【レポート】Que SakamotoのDJツアー日記「ヨーロッパツアー編・その2」

ツイート

みなさん、こんにちわ。<Huit Etoiles>のDJ/ProducerのQue Sakamotoです。ヨーロッパツアー第二弾です。

■12人のDJが3フロアでプレイ!
■ハンブルグの名門Waagenbau

ロシア・サンクトペテルブルクからドイツ・ハンブルクへフライトです。ハンブルクではメキシコ・トゥルムでお世話になったJimenoとIrenaのメキシコ人のConejoの家にステイ。今回2泊のみなので、時間があまりないので、レコ屋周りをしました。数件レコ屋を回って、出会ったのがRekord.netでした。店員さんのリコメンドから、ジャーマン80〜90s〜ニューウェーブ〜ポストパンク〜テクノ〜トランス合計9枚ゲット。今まで欲しかったけどなかなか出会えなかったレコードに出会えてうれしかった。この日はConejoのオススメのケバブ屋でディナーを済ませて翌日はギグのため早めに就寝です。


翌日。ドイツのアーティスト“Wareika”のメンバー、Jakob&Melinaとディナー。ディナー後にはJakob&Melinaの家へ。音楽を聴いて会話が盛り上がり、先日リリースしたレコードもプレゼントしてくれた。ラッキー! ふたりとも日本にプレイしに来たこともあり、とても親日で優しくて、いろいろとアテンドをしてくれました。プレイするベニュー“Waagenbau”に行く前にリバーの景色が良いスポットに連れて行ってくれて景色を満喫してからWaagenbauへ。

Waagenbauについて、Jaudi Recordsのレーベルオーナーで今回ブッキングしてくれたDavideと合流。パーティは12人のDJが3フロアでプレイするそう。自分はメインフロアで3〜5時にプレイ。時間があるので各フロアをチェックして、バックルームでスタート時間まで、軽くお酒を一緒に飲み待機。フロアはパンパンで、どのフロアもかなりアッパーなセットを披露していました。130BPM近くでバトンタッチだったので、一回音を止めて、前のDJさんに拍手をして僕のプレイがスタート。この日は自分の中でもかなりアッパーのセットなテクノ〜サイケデリックからスペイシーディスコ〜ハウス〜90sレイヴ〜トランスを混ぜて128BPM前後でプレイしてみました。


フロアもかなり盛り上がって、Davideも喜んでくれて、結果が出せて一安心。また次回もタイミングでブッキングしてくれるとのこと。次回はハンブルグにもっと長く滞在してレコードを掘りたいです。いいレコードがたくさんあるので、もっと時間をかけて良いレコードに出会いたいなー。プレイを終えて、早朝からフライトなので帰宅して2時間寝てトルコ・イスタンブールへ。ハンブルクのシーンが体感出来て、凄く勉強になりました。ってことで、

「Thank u Conejo,Jacob&Melina,Davide,Waagenbau」

■どこよりもリラックス出来る
■イスタンブール

ハンブルグからイスタンブールのフライトはがっつり寝れたので、なんとか体調をキープして乗り切れそう……。イスタンブールの海まで1時間空港からドライブしてシルバービーチのビーチリゾートバーのPlaj Silverに到着。着いたらロケーションが素晴らしくて、一気に疲れが吹っ飛びました。



この日は4時間セット。イスタンブール出身のDJ/プロデューサーKaanからバトンタッチ。ブッキング担当さんから、ダーク過ぎないハッピーバイブスの選曲指定があったので、ハウス〜ディスコ〜ファンク〜オーガニックなどをメインにプレイ。イスタンブールの最高なビーチリゾートでのギグはロケーションが素晴らしく、気持ち良かったです。海も気持ち良くて、海水浴も出来たし、かなり充実させてもらい、気持ち良くプレイ出来ました。


オランダまで数日間、イスタンブールでゆっくりさせてもらいました。Analog KulturのKaan Duzaratとも会えたし、近々、Kaanがレーベルをスタートするので、新しいアクションが楽しみ! イスタンブールはどこよりもリラックス出来るし、友達もたくさんいるので大好きです。また違ったラストサマーが感じられました。オランダへフライトの前夜にTutanと魚や仕込み素材の買い付けをして、Minimuzikhol FamilyのTutan、Ipekの家で、お寿司、味噌汁を作ってディナーパーティ。みんな美味しい!と喜んでくれました。

急遽、決まったイスタンブールのGizli Bahceのギグはディスコ〜ハウスをメインに3時間プレイ。オーナーさんも喜んでくれたしよかったです。こちらで視聴出来ます。良かったら聴いてみてください。



ってことで、

「Thank u Kaan,Plaj Silver Crew,Minimuzikhol Family,Tutan,Ipek,Gizli Bahce,Kaan,Analog Kultur」

■新しくエージェント契約をした
■Solstice Amsterdam

早朝、オランダへフライトです。新しくエージェント契約をしたSolstice AmsterdamのFelaが空港までピックアップしてくれて、そのままロッテルダムへ。Felaの家に1泊ステイします。その後は早速ロッテルダムデビューするWeeldeへ。この日は明るめのハウス〜ブレイクス〜ディスコをメインにプレイしました。エージェントと初めての仕事だったので、終わってから、いろいろと話が盛り上がって、結局2時間寝てアムステルダムへ電車移動します。


アムステルダムのセントラル駅で僕のメインマネージャーのMantasがピックアップしてくれて、Radionへ。この日はオープンエパーティで、ライブがあったり、オープンテラスのアウトドアステージもあったり……環境が気持ちいい上、Mantasがいろいろな人を紹介してくれたので、たくさんの出会いがありました。いろいろな関係者が楽しみにしてくれていたので、自分らしさをしっかり表現し違う音楽を披露することに集中して、プレイしました。

2時間セットだったので、自分のトラックを中心に、レイヴ感あるテクノ〜アシッドハウス〜トランス〜ブレイクス〜ディスコをアレンジしてプレイしました。終わってから、Mantasや、他の出演者の方々、Radionのブッキング担当、スタッフからも良い評価をもらえました。いいタイミングでRadionでブッキングもしてくれると言ってたので、楽しみです。



終わってからMantasがShelterに連れて行ってくれました。Shelterのサウンドシステムは何処に行っても同じように聴こえるし、ストレスもなく、素晴らしいサウンドシステムでした。そのサウンドシステムを手掛けたBronaさんと会えたし、Shelterからシークレットアフターパーティへみんなで行って、さらにアフターホームパーティまで突き抜けて終了。アムステルダムではたくさんのローカルアーティストに出会えて、一緒に楽しい時間が過ごせました。Mantasに感謝です。翌日はゆっくり寝て、Mantasとモーニングミーティングして、Red Light Radioでプレイしました。今回のツアーでDigした80〜90sのニューウェーブ〜ポストパンク〜エレクトロをメインにプレイ。こちらで試聴出来るのでぜひチェックしてみてください!



この記事をツイート

この記事の関連情報