細野晴臣、デビュー50周年展開幕「自分の中身がさらけ出されたよう」

ツイート

細野晴臣のデビュー50周年を記念した<細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969-2019」>が、本日10月4日から11月4日まで東京・六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリーにて開催される。10月3日、開幕に先立つプレス向け内覧会が行なわれ、オープニングセレモニーには細野晴臣本人も登場した。

◆<細野観光1969-2019>関連画像

今回の記念展は「細野さんに会いにいく。」と銘打った50周年プロジェクトの一環として開催されるもので、音楽家としての軌跡のみならず、映画やアート、落語、漫画など、細野の多様な関心事を貴重な展示品とともに紹介。1969年~1973年を“憧憬の音楽”、1973年~1978年を“楽園の音楽”、1978年~1983年を“東京の音楽”、1984年~2004年を“彼岸の音楽”、2005年以降を“記憶の音楽"の時代とし、壮大なビジュアル年表や年代毎に括られた展示構成の中をまるで“観光”するように巡ることができるという展覧会となっている。

細野は「私のためにこのような展覧会を開いていただきありがとうございます。本当にいろんなものが整然と並んでいて圧倒されました。この日のためにスタッフが頑張ってくれました」と挨拶し、「自分の中身がさらけ出されたようで感動しました。自分がこんなに物を持っていると思わなかった」と、いち早く鑑賞した自身の記念展への思いを語った。

また、特に思い入れのある展示品や展覧会の見どころとして、「自分の脳内のものはノート。一冊だけでも細かく書いてあるので、時間が足りないかもしれないけど見てほしいです。あと、僕の人生は音楽に尽きるので、その音楽を創った楽器は面白いと思います。人から見たらガラクタだけど、自分にとっては大事なものばかりです」とコメント。

最後はファンへ向けて、「ひとりの人間の50年を見ることができるのは面白いかも。だらだらやってきただけなのでこれからもだらだらやります。気楽に見に来てほしい」とメッセージを送った。

なお、この後11月には50周年記念ドキュメンタリー映画『NO SMOKING』が公開予定。12月にかけて、アニバーサリーイベントや記念公演も開催される。

<細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969-2019」>

会期:2019年10月4日(金)~2019年11月4日(月・休)
会館時間:10:00-22:00(最終入場 21:30)
会場:東京・六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
主催:森アーツセンター、朝日新聞社
入場料: 一般1,800円、高校生・大学生1,200円、4歳~中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円
※展望台、森美術館入館料を含む
[問]03-6406-6652(東京シティビュー)

◆<細野観光1969-2019>オフィシャルサイト
◆細野晴臣 オフィシャルサイト
◆細野晴臣 YouTube Official Artist Channel
この記事をツイート

この記事の関連情報