「葵が活動を始めてもう約2年!」富士葵、歴史を辿る1stソロライブ

ツイート

バーチャルYouTuber・富士葵の<富士葵 1st ソロライブ 「OVERTURE - 序曲 -」>が10月5日、東京・Veats Shibuyaにて開催された。記念すべき初のソロライブにして、9月に開業したVeats Shibuyaのオープン後初のARライブとなる公演だ。以下、そのオフィシャルレポートをお届けする。


◆富士葵 画像

   ◆   ◆   ◆

キミの心の応援団長をコンセプトにマルチタレントとして活動しているVTuver・富士葵。様々なカバー動画がミリオン再生を突破するなど歌唱力でも注目を集めている彼女が、10月5日にVeats Shibuyaにて1stソロライブ<OVERTURE -序曲->を開催した。

YouTubeチャンネル『Aoi ch.』開設から約2年、ユニバーサルミュージックジャパンからのメジャーデビューより約1年、満を持して開催することになった1stソロライブは、富士葵のこれまでのストーリーを全14曲のライブとドキュメンタリータッチのアニメーションで体現していく内容に。葵が生み出したキャラクターであり、パートナー的存在のキクノジョーから1stソロライブの開催決定を告げられるも、不安な気持ちに苛まれてしまい、それでも自分を応援し続けてくれているファンの声に背中を押されながら、最高のステージを届けるために奮起していくストーリーが全4編にわたって上映され、それに合わせて富士葵の歴史を物語るオリジナル曲やカバー曲の数々をパフォーマンスしていく構成でお届けされた。



ライブは記念すべきデビューシングル曲「はじまりの音」や【食フェス×エンターテイメントバトル Fight!公式応援ソング】として制作された「君のミライ」から始まり、VTuverフリーク界隈はもちろん、様々な音楽ファンから絶賛されている表現力豊かな生歌をエモーショナルに響かせながら、満員のオーディエンスを熱狂の渦に巻き込んでいく。「ようこそ、みんなぁー! 葵が活動を始めてもう約2年! もう5年ぐらい活動しているんじゃないかなって思うぐらい、毎日たくさんのことがあって……みんなも同じ気持ちなんじゃないかなと思います。今日はずっと葵のことを応援してくれていたみんなと今日この日、Veats Shibuyaに来るまでの歴史を一緒に振り返りながら、葵のことをもっともっと知って頂きたいなと思います!」

そして「愛する心、思いやる気持ち、一期一会、よっしゃいくぞぉー!」という本人発案のコール&レスポンスを繰り広げながら、前述のMC通り「ミルクティ」「なんでだっけ(富士葵の場合)」「まだ希望に名前はない」といった多種多様なオリジナル曲はもちろん、SEKAI NO OWARI「サザンカ」や林明日香「小さきもの」、RADWIMPS「なんでもないや」といったこれまでYouTubeやカバーアルバムで歌唱してきたカバー曲たちを圧倒的な歌唱力で披露。さらには、この日のライブの為に初披露されたロックな新曲「MY ONLY GRADATION」(11月20日リリースの1stフルアルバム『有機的パレットシンドローム』収録曲)、唐突に現れたVTuber仲間である二寺蒼五&冥途之土産(共にCV.富士葵)とのサプライズコラボで「二人の距離はドッグラン」と、観客を一切飽きさせないセットリストで天井知らずの盛り上がりを創造していく。




本編クライマックスでは、甲子園でも流れたオリジナル曲「オーバーライン」(女子野球マンガ『花鈴のマウンド』TVCMソング)を奏MiMi考案の振付でみんなとパフォーマンス。続けざまに「遂にあの曲をみんなで歌うときがキター!」と、ボカロP・ナユタン星人をサウンドプロデュースに迎えたキラーチューン「エールアンドエール」でもってこの日最大のスパークを生んだ。「想像した何倍も楽しかったね! 最近、こんなに楽しかったことあった?」「なーい!」「いぇーい! 楽しかったねぇー!」

こうして大団円を迎えたと思われた1stソロライブだが、歌劇団(※富士葵ファンの呼称)による熱烈アンコールに応えて再登場する富士葵。「私が想像していた未来は?たくさんの人を元気にしている未来!私が私らしくある為には?キミの心の応援団長でいること!私が今もこれからもずっとずっと続けていくことは?夢をキミに届けること!」そんな強い想いを胸にオールラストソング「ユメ⇒キミ」熱唱。「本日は本当にありがとうございました! 最後にみんなと一緒に歌いたいと思います! せーの!」歌劇団への愛情に溢れたオリジナル曲で感動的なシンガロングを生んでみせた。


なお、1stソロライブ<OVERTURE -序曲->の模様は、11月20日リリースの1stフルアルバム『有機的パレットシンドローム』初回限定デラックス盤(2CD+Blu-ray)のBlu-rayに収録。富士葵がひとつの夢を叶えた瞬間、現場に足を運べなかった人もぜひチェックしてほしい。

テキスト◎平賀哲雄
撮影◎カワベミサキ

<富士葵 1st ソロライブ 「OVERTURE - 序曲 -」>

2019年10月5日(土)東京・Veats Shibuya

1st Album『有機的パレットシンドローム』

2019年11月20日(水)発売
■初回限定デラックス盤(2CD+Blu-ray)
¥5,500(税抜) / UPCH-7542

■通常盤 (2CD)
¥3,500(税抜) / UPCH-7543
初回プレス限定スペシャル・プライス盤
※初回プレス分終了次第、¥4,000(税抜)の通常盤価格仕様となります。

■UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤(2CD+GOODS)
¥9,000(税抜)
GOODS:パソコンケース(A4サイズ マルチバッグ)

収録内容(予定) ※DISC1&2共通
[DISC-1] オリジナル曲
・はじまりの音
・ユメ⇒キミ
・エールアンドエール(Produced by ナユタン星人)
・まだ希望に名前はない
・オーバーライン
・イタリアンレストラン(Produced by れるりり)
・MY ONLY GRADATION(Produced by 草野華余子)
・君のミライ
他、全10曲収録予定

[DISC-2] カバー曲
2019年4月に配信限定でリリースされたカバーアルバム『声 〜Cover ch.〜』の楽曲に、ボーナストラックとして「ロキ」のカバーを追加収録したスペシャルディスク。全13曲収録予定。

[初回限定デラックス盤 特典Blu-ray]
富士葵1stソロライブ【OVERTURE -序曲-】@Veats Shibuya 2019/10/05

この記事をツイート

この記事の関連情報