ミュージシャンアバター「Punky Fine」登場、ブラザートムが新ジャンル“EDF”に挑む

ツイート

芸能人のアバターによるエンターテイメント活動プロジェクト、「e芸能界」が始動する。その第1弾として、ブラザートムによるミュージシャンアバター「Punky Fine(パンキーファイン)」が発表された。

◆ブラザートム、Punky Fine画像

キャラクタービジネス研究所が展開する「e芸能界」は、芸能人が自分自身のアバターを使って新たなエンターテインメントやその楽しみ方を創造し、リアル/デジタル問わず様々な活動を展開していくというプロジェクトだ。Punky Fineは今後、“EDMに続く新たな音楽”として掲げる「EDF(Electric Dance Funk)」の創造を軸に活動を進めていくという。

最新情報はオフィシャルTwitterを通じて発信されるほか、音楽情報メディア「OKMusic」でも本日10月10日(木)より、Punky Fineの音楽活動の様子を覗ける連載コラム「Punky Fineのそれでいきましょう ~V-MUSICジェネシス日記~」がスタートする。

また、10月29日(火)には、<東京国際ミュージック・マーケット>による<Music×Tech Showcase - TIMM Special Event ->でのライブパフォーマンスも決定した。音楽とテクノロジーをテーマとした同イベントでどのようなステージが披露されるのか、期待が高まるところだ。

■OKMusic 連載コラム「Punky Fineのそれでいきましょう ~V-MUSICジェネシス日記~」


2019年10月10日(木)18時 連載スタート(月2回更新、第2第4木曜予定)
https://okmusic.page.link/punkyfine
(※上記URLには10月10日18時以降アクセスいただけます)

■<Music×Tech Showcase - TIMM Special Event ->

2019年10月29日(火)東京・SHIBUYA DESEO / DESEO mini with VILLEGE VANGUARD
※Punky Fine出演
東京国際ミュージック・マーケット(TIMM)オフィシャルサイト: https://www.timm.go.jp/jp/

この記事をツイート

この記事の関連情報