【インタビュー】Split end、『deep love』で踏み出した新たな一歩

ツイート

■人生観の変化

──最新ミニアルバム『deep love』はどんな変遷があって完成したんですか? 例えば、これまでと意識が違うとか、歌詞が変わったとか。

ななみ:歌詞に関してはいままでは下向いているような暗い内容ばっかりだったんですけど、明るいものが増えてきましたね。タイトル曲の「deep love」は暗めかもしれないですけど、「フェイクワンダーランド」や「生命力」は前向きだし、「オレンジの暮らし」はめっちゃ明るい歌詞だし。

──どういう心境の変化があったんでしょうか?

ななみ:Split endでは曲も歌詞も私が書いているんですけど、人生に対する考え方が変わった部分はあります。

イオナズン:今作を作るちょっと前のななみちゃんは、お酒飲んだらベロベロになって「私は幸せになったらあかんねん」とか言ってたんですよ。失恋して曲作ったりしてたから、悲しいことが起きないと曲ができないみたいな。

──けっこう思いつめてたんですね。幸せになっちゃったらSplit endらしい曲ができなくなっちゃうみたいな。

ななみ:その頃はそう思ってましたね。

イオナズン:そういうこと言わなくなってから、違うテイストの曲ができてきて。

ななみ:「私も幸せになりたい」と思い始めて(笑)。

──それまでは、むしろふってくれ、みたいな?

全員:(笑)。

ななみ:そこまでじゃないんですけど、前は頑張り方がわかっていなかったんだと思います。いまは前と比べたら曲作る熱量もできる曲数も5倍ぐらいになってます。ペースが早くなっていろんな曲ができるようになった。

──ということはSplit endが新しい時期に突入した作品が『deep love』?

ななみ:そうですね。第1弾って考えてもらってもいいかなと思います。




──2人はななみさんの変化をどう受け止めたんですか?

イオナズン:ななみちゃんの変化に戸惑ったのは覚えてます。去年、「オレンジの暮らし」を作ったぐらいの時期に「生活感のある曲を作りたい」って言ってて「えーっ?」って。それまでは失恋の曲とかわりと事実に基づいた歌は多かったから、「生活感のある曲ってどういうのだろう?」って。そういう曲を際立たせるギターをどう弾けばいいのかピンとこなかったんですけど、同時にその時期から各自が「こういうバンドがマイブームやねん」みたいな感じで音楽の共有をぐいぐいするようになったんですよ。以前はライブの移動中もそれぞれが好きなCDをイヤホンで聴いていたりしたのが、誰かの持ってきたCDをみんなで聴くようになって、お互いに歩み寄るようになっていった気がします。前はななみちゃんのノンフィクションの曲に基づいて演奏する3人というか。

ななみ:私が日本語でやりたい曲とか説明するのが下手くそだったんですよね。

みーちゃん:だからスタジオの休憩とかにズンちゃんと「さっき言ってたのどういうことなんやろう。全然わからん」って(笑)。

イオナズン:2人で「どういう意味なんやろう?」って。いま思えば「どういうこと?」って聞けばよかったんやけど。

みーちゃん:でも、その時期は聞いても返ってくるななみの答えがだいぶ抽象的やったんですよ。

ななみ:私自身の中でも明確じゃなかったので、この1年ぐらいは自分のやりたいことを伝えることに努力してきましたね。

イオナズン:音楽も共有するようになったから、「ああいう感じ」って例をあげられるからやりやすくなりましたね。

──みーちゃんさんが驚いた曲はありますか?

みーちゃん:高校生のとき最初に作ったオリジナルはだいぶポップだったんですよ。もともと明るい曲も作れるのはわかってたから、そんなにビックリした曲はないんですけど、作り方でいったら「ぼくたちの戦争」ですね。いままではテンポが速いと明るい曲調が多くて、こういうシューゲイザーとかオルタナに寄ったアップテンポの曲はなかったので「めっちゃいいやん」って。

ななみ:私も「こういう組み合わせもあったのに」って発見でした。

▲Split end /『deep love』

──現在はツアー中ですが、タイトルが<「愛を纏え、愛を放て」ツアー>。Split endにとって“愛”は重要なメッセージなんですよね。

ななみ:そうですね。私はつねに愛についての歌を書いてます。

みーちゃん&イオナズン:(爆笑)。

イオナズン:それ、偉人が言う言葉や(笑)。

みーちゃん:伝記とかの(笑)。



ななみ:今作の6曲もそうですけど、全曲、愛がテーマなんですよ。「生命力」に出てくる“愛を纏え愛を放て”という歌詞が気に入ったのでツアータイトルにしたいって言って。

──曲の中で“世界”はネガティブなものとして捉えられていて、その世界で生きている主人公は愛を探していますものね。

ななみ:この世界、いろいろ考えなあかんことがあるし、生きていくことってめちゃくちゃ難しいと思うんですよ。暗い部分を見たらキリがないと思うんですけど、その中で惹かれるものを見つけるのってすごくきれいだなと思っているんです。

──愛を届けるSplit endのライブの魅力は?

みーちゃん:私らのライブって騒ぐようなアッパーなノリじゃないんですけど、その分、自分の暗いところにフォーカスを当てて見られるバンドだと思うので、むしろ落ち込んでいるときに見てめちゃくちゃ泣いてほしいですね。

ななみ:わかる。

──泣いてデトックスできるような作用がある?

ななみ:そうですね。ワーッて楽しんでるより泣いてる人多いですね。

──泣いている人を見て、どういう気持ちになります?

ななみ:「泣け泣け〜」って(笑)。母性ですね。

みーちゃん:たまに最初の2曲くらいで泣いてるときあるやん?

ななみ:サウンドだけでキテたりとかね。

みーちゃん:嬉しいですけどね。

──音だけで泣けるってすごいことだと思いますよ。

イオナズン:お客さんがめっちゃ絶妙なタイミングで泣いてたりすると「わかる〜!」ってもらい泣きしそうになります(笑)。

ななみ:私もMCしてる最中に泣くことあるんですよ。自分のこと正直に話すと涙が出てきたり。

イオナズン:ライブ前に「今日ちょっと泣いちゃうかも」って言うときもあれば横で「あ、泣いてるわ」って思うときもある。

みーちゃん:お客さんもつられて、ななみ見て泣いてたり。

ななみ:そういう雰囲気のライブなのでライブハウスに行ったことがない人でも大丈夫です。

──もみくちゃにされるとか、ライブハウスって怖いかもっていうイメージを持っている人も。

ななみ:はい。スカートはいてきても大丈夫です。


取材・文◎山本弘子

3rd Mini Album『deep love』

2019年9月3日(火)発売
¥1,800(税抜)/NGNY-004
1. deep love
2. ぼくたちの戦争
3. オレンジの暮らし
4. ウェディングドレス
5. 生命力
6. フェイクワンダーランド-album ver.-

<Split end 3rd mini album release tour 「愛を纏え、愛を放て」ツアー>

※終了公演は割愛
2019年
11月16日(土)埼玉・越谷EASYGOINGS
11月17日(日)神奈川・F.A.D yokohama
11月26日(火)愛知・CLUB UPSET
12月8日(日)福島・LIVE STAGE PEAK ACTION
12月9日(月)宮城・仙台 Flying Son
12月14日(土)広島・福山Cable
2020年
1月13日(月祝)新潟・CLUB RIVERST
2月7日(金)東京・TSUTAYA O-Crest
2月15日(土)大阪・Music Club JANUS

この記事をツイート

この記事の関連情報