クイーン・シンフォニック、2020年2月に東名阪ツアー決定

ツイート

クイーンの名曲をフル・オーケストラ&シンガーで完全再現する“クイーン・シンフォニック”が2020年2月に再来日し、東京、愛知、大阪にてツアーを行うことが決定した。

◆クイーン・シンフォニック 画像

クイーン・シンフォニックはミュージカル『WE WILL ROCK YOU』の出演シンガーとバンド、フル・オーケストラが共演するエンターテイメント・ショウだ。2019年の初来日の際には、「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」や「伝説のチャンピオン」といったヒット曲はもちろん、「手をとりあって」「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」までも披露。会場に集まった13,000人の観客を魅了した。





2020年の来日で指揮を務めるのは、前回に引き続きリチャード・シドウェルである。シンガーには『WE WILL ROCK YOU』メインキャストのジェナ・リー・ジェームス、レイチェル・ウッディング、ジョン・ボイドン、ピーター・エルドリッジが来日。演奏は東京フィルハーモニー交響楽団と、熟練のメンバーで構成される5人編成バンドだ。


▲リチャード・シドウェル


▲ジェナ・リー・ジェームス(左上) レイチェル・ウッディング(右上)
ジョン・ボイドン(左下) ピーター・エルドリッジ(右下)

コンサートは2月1日(土)・2日(日)に東京・東京国際フォーラム、2月4日(火)に愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール、2月5日(水)に大阪・フェスティバルホールにて開催となる。チケットは一般発売に先駆けて、本日10月30日(水)より先行販売がスタート。チケット券種はクイーン・シート、ボヘミアンシート、学生シートが用意される。詳細はイベントのオフィシャルサイトを参照してほしい。

■<QUEEN SYMPHONIC -A ROCK & ORCHESTRA EXPERIENCE- 2020>

・東京公演(2日公演)
2020年2月1日(土)開場17:00/開演18:00
2020年2月2日(日)開場12:00/開演13:00
東京・東京国際フォーラム ホールA

・名古屋公演
2020年2月4日(火)開場18:00/開演19:00
愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール

・大阪公演
2020年2月5日(水)開場18:00/開演19:00
大阪・フェスティバルホール

▼出演
指揮:リチャード・シドウェル
シンガー:ジェナ・リー・ジェームス、レイチェル・ウッディング、ジョン・ボイドン、ピーター・エルドリッジ
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団+バンド
※QUEENメンバーの出演はございません。

▼チケット価格(全席指定/税込)
クイーン・シート(S席):11,000円
ボヘミアン シート(A席):9,000円
学生シート:4,000円
※3歳未満の入場は不可。
※学生シートは、高校生以下の方が対象。客席後方部のお座席になります。当日ご本人様が確認できる『学生証』をお持ち下さい。
チケット最速先行販売(先着):10月30日(水)17:00~11月7日(木)23:59

◆日本公演オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報