エアロスミス、クレイマーがバンド名を思いついたのはハリー・ニルソンのアルバムがきっかけ

ツイート

エアロスミスというバンド名は、ドラマーのジョーイ・クレイマーが高校時代に考えついた造語なのはよく知られているが、その源はハリー・ニルソンのアルバム『Aerial Ballet』(1968年)だったという。

◆エアロスミス画像

クレイマーは、『Ultimate Classic Rock』誌のラジオ番組でこんな逸話を語った。「当時(高校生のとき)、ハリー・ニルソンの『Aerial Ballet』ってアルバムを聴いてた。それを聴いてて、俺は歌詞に興味を持つようになったんだ。で、俺ら、“aerial”って言葉であれこれ考え始めた。それが最終的に、“aerial”が“aero”になった。どうしてかはわからない。Aeromind、Aerostar、Aeroなんとか、Aeroああだこうだとか出て、誰かが“smith”って言ったんだ。Aerosmith? ワオ! 以来、俺はその言葉を心理学や数学の本のあらゆる場所に書き込んた」

高校生のクレイマーは、将来、この名前で有名になる、成功すると意を決したが、当時は誰も本気にせず、聞き流されていたそうだ。「いつも、“エアロスミスってなんなんだ?”って訊かれてた。そういうとき、俺は“高校出たら、ロックンロール・バンドをやる。その名前だ。俺ら、ビッグで有名になるぜ”って答えてた。彼らの反応は、“そりゃいいな、ジョーイ”だったよ」

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報