YOSHIKI、<ドリフェス>でLUNA SEA、GLAY、清春、ゴールデンボンバーらと伝説のステージ

ツイート

YOSHIKIが10月14日に幕張メッセにて開催された<テレビ朝日ドリームフェスティバル2019>の大トリを飾った。

◆ライブ画像

<テレビ朝日ドリームフェスティバル2019>はテレビ朝日開局60周年を記念して開催され、豪華アーティストが連日出演。同イベントのヘッドライナーとしてステージに立ったYOSHIKIは「今日こうやって素晴らしいアーティストの方々たちとステージに立てて光栄です。これからみんなと一緒に記憶に残るコンサートをできればと思っています。」と語り、台風についても言及すると 「今日はそんなの吹き飛ばすくらい気合い入れていくぞ!」と声をかけて、会場を一体にした。ステージでは「WITHOUT YOU」や「紅」などに加え、新曲「RED RHAPSODY」など計12曲を披露。ストリングスと海外から来日したゲストボーカリストの歌唱とともに奏でられる美しいピアノのメロディー、そして力強いドラムの演奏に観客たちは度肝を抜かれた。



また、この日観客たちを大いに熱狂させたのは、素晴らしい演奏はもちろん、YOSHIKIをもってしか実現できない超豪華ゲスト達との共演である。HYDEとコラボレーションした楽曲「RED SWAN」では清春がステージに登場。コラボレーションが決定したのは1週間前、友人HYDEの代わりであり、YOSHIKIからの指名ということでとても緊張したと語る清春だったが、素敵なアーティストと共演できて幸せだとYOSHIKIも大絶賛する歌声で一夜限りの豪華セッションを果たした。


さらに「KISS THE SKY」ではSUGIZOの美しいバイオリンに合わせて、YOSHIKIが美しい歌声を披露。二人の奏でる美しい音楽に合わせ、 会場中からは大合唱が起こった。ラストにはこの日の出演バンドであったLUNA SEA、GLAY、ゴールデンボンバー、THE ORAL CIGARETTES、SCANDALのメンバーと清春が急遽登場し、それに加えてYOSHIKIの掛け声で集まった“無敵バンド”が登場。YOSHIKI、真矢による迫力のドラムと、RYUICHI、TERU、清春、鬼龍院による圧巻のボーカルで「X」を演奏し、 3年前の<VISUAL JAPAN SUMMIT>を彷彿させるビックサプライズとなった。まさにYOSHIKIにしか実現できない、フィナーレに相応しい伝説のステージだった。


セットリスト

1. HERO
2. HURRY GO ROUND
3. RED SWAN
4. RED RHAPSODY
5. MIRACLE
6. WITHOUT YOU
7. 紅
8. DRUM SOLO
9. KISS THE SKY
10. ART OF LIFE
11. ENDLESS RAIN
12. X

◆YOSHIKI オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報